日本キリスト教団京都教会

Backnumber 1  Backnumber 2
Backnumber 3  Backnumber 4
Backnumber 5
 Backnumber 6


 第171号 第172号
 第173号 第174号 第175号
 第176号 


戻る

Page Topへ


第171号

恐るべき者
          マタイによる福音書10:26〜31      入 治彦
 英語で1月をジャニュアリーと言うのは、ローマ神話のヤヌス神から来ているようです。ヤヌスというのは、古い年と新しい年を結び合わせるように、二つの顔が互いに外側を向いて一つになっています。それは厳しい寒さと共に春に向かっている顔だともいいます。2020年も時間を重ねるごとに、希望と平和に満ちた春を迎える年であるよう願っています。
 マタイ10:26以下は、イエスが弟子たちを宣教へと派遣するにあたって、弟子たちへの迫害が予想される、その時に「人々を恐れてはならない」と励ましておられるところです。ここには三度にわたって「恐れるな」という言葉が出て来ています。「人々を恐れてはならない」なぜなら「覆われているもので、現されないものはなく、隠されているもので、知られずに済むものはないからである」と続いています。本来この言葉は<秘密はたやすくもれるから、陰でこそこそ言うのは止めなさい>という消極的な意味でのことわざでしたが、ここでは積極的な意味で、今おまえたちの伝えようとしている福音の種の芽はすぐには出ないかも知れないが、やがて人間がどんなに抑圧し、押し込めようと、そういった障害や抵抗を突破して、必ず外にその実はあらわれてくるということが詠われています。現実的には宣教は遅々として進まないように見えるが、イエス共にいます時、長い目で見た時には、必ず実りが約束されているのだから、恐れずに大胆に行きなさい、と言っているのです。
 そして、「恐れずに行け」の具体的根拠として、尻込みする弟子たちに、イエスは「2羽の雀が1アサリオンで売られているではないか。だがその1羽でさえ、父のおゆるしがなければ地に落ちることはない」と話されました。1アサリオンを現代のお金に換算すれば、1羽あたり250円程度、少々古い辞書によれば4円程度と出ていました。いずれにしても、大した額ではない一羽の雀でさえ、その生き死には、神の御手のうちにあるというのです。それと同時に、イエスは「あなたがたの髪の毛までも1本1本残らず数えられている」と言っておられます。髪の毛の髪という漢字は長い友達と書きますが、そんな髪の毛1本でさえ神は知っていてくださる。
 私たちは目に見える色々なことにこだわって、クヨクヨしたり、人目を気にして正しいことができなかったりしますが、私たちが人を恐れて思い煩う前に、実は神の方が先に悩み、また配慮してくださっています。無価値と思えるものにさえ、神はいつも心を砕いていてくださる。「われらは耕し 地に種をまく されど芽生えと育みは 主の御手にあり」(作 P.ゲルハルト/M.クラウディウス)2020年、順境の時も逆境の時もあるでしょう。ルターの語ったといわれる言葉が響いてきます。「たとえ、明日世界が滅びることを知っていても、私は今日なお私のりんごの若木を植えるだろう」神の御手の内にあるものとして、新しい年、時が良かろうが悪かろうが、恐れることなく主にある希望を抱いて与えられた道を淡々と歩んでいきたいものです。( 絵画:グエルチーノ「聖母子と雀」 )

Page Topへ

第172号
天にある故郷  ヘブライ人への手紙11:13〜16
                             京都教会牧師 入 治彦
 私たちが旅と言う時、そこには何か心の華やぎのようなものを感じます。「そうだ京都、行こう!」や「いい日旅立ち」といったコピーに誘われて旅に出かけた人も多いかと思います。「このコロナウイルス感染拡大の非常時に何をたわけたことを」とおっしゃる方もおられるかも知れません。しかし、旅という語源をさかのぼると、そこには骨を折る、あるいは痛い目に遭うという意味もあるようです。古代イスラエルの人々も、その両方を経験しながら旅を続け、近隣の人々からは「漂流者」(ヘブライ人)といったあだ名をつけられた人々でもありました。
 「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声をあげ、自分たちが地上ではよそ者であり、仮住まいの者であることを公に言い表したのです。このように言う人々は、自分が故郷を探し求めていることを明らかに表しているのです」イスラエルの信仰の祖、アブラハム、イサク、ヤコブたちも皆、心の故郷を探し求めて歩く旅人でした。けれども、彼らは「さらに勝った故郷、天にある故郷」を熱望したのです。
 ふつう故郷とは、自分を産み出した土壌、最も落ち着ける場所を意味します。一方天にある故郷とは、人間に究極的に不安を与える死を経た所にあります。信仰の旅人は、そんなまだ見ていない都を確認して生きていったのです。それは見えるものに安住する生き方ではなく、見えない未来に向かって、自分を開き、前のめりで生きていく生き方でしょう。
 信仰という杖に助けられて歩んでいく旅人、イエスが同伴者となって歩んでいく旅人も、現実的にはその生活は難題を抱えて苦しみ、プライドを傷つけられ、うちひしがれたこともありました。この地上にのみ価値をおいていたならば、現実に押しつぶされそうになったこともあったでしょう。けれども、神が用意してくださる天上の都に絶対的な価値をおいていった時に、過ぎ去り行くものから解放されていったのです。
 F・フェリーニ監督は、あるインタビューに答えてこう語っています。「本物の人間の条件とは、それこそかりそめのものである。人がその人生をかりそめのものの連続だとして、つきつめた感慨をもって生きられるなら、ずっと積極的に、とにかくもっと創造的に、間違いなく良くなれるはずである。…自分をおのが人生の旅人だとみる感覚のことを言っているのである」
 私たちの人生、それは日々死んでいく人生であり、無に向かっていくはかない人生です。しかし、イエスが同伴者であり、天国を最終地点においた人生の旅は、いのちに向かっての旅だと言えるでしょう。牧師で神学者だったボンヘッファーは、ナチスによる処刑を前にして「諸君、さようなら、わたしは今から生きるのだ」と言いました。死が終わりではなく、さらに開けた世界があることを示していかれた先輩方の精神的、信仰的な遺産を分かち合い、受け継いでいければと願っています。

Page Topへ

第173号
新型コロナウイルス感染予防と教会
             京都教会牧師 入 治彦
 新型コロナウイルスによる肺炎が発生したと報じられたのが2019年末。それから約半年の間に世界の感染者数は1000万人を超えました。さらに8月11日の統計では2000万人を超えたといいます。国内は8月28日付けで感染者数65,672人死亡者数1,241人と報じられています。
 当教会もこのような歴史的パンデミックに遭遇し、教会内で対策を検討し、週報、口頭、ハガキ、ホームページ、フェイスブックなどで9回程対応を報告してまいりました。@3/1:受付での消毒、換気を行う。礼拝は現行のまま守るが、聖餐式、礼拝後昼食なし。A3/15:祈祷会、家庭集会中止。神学生送別会はホールで間隔を空けて実施。B3/29:マスク着用、讃詠交唱、聖歌隊の合唱は行わない。讃美歌は着席のまま歌わず1節、2節をオルガン演奏。最後の頌栄、祝祷のみ起立。受難週祈祷会、洗足木曜日音楽礼拝は中止。イースターの聖餐式、愛餐会は中止。子どもの教会は礼拝のみ。さーくる・ひかりの子は休会。C4/9:公共交通機関を使い礼拝出席している会員、持病のある人、高齢者の方々は礼拝出席を控えるよう呼びかけた。その代り、ホームページに説教要旨掲載、イースター(4/12)よりフェイスブックによる動画配信を開始。D政府は4月7日7都道府県に緊急事態宣言発出)4/19 より5/3 まで無会衆礼拝。教職、奏楽者、常駐者で行い動画配信。定期総会、役員選挙は延期。投票は郵送。子どもの教会は5 月3 日まで礼拝も休会。さーくる・ひかりの子は5 月2 日まで休会。月定献金他献金などは振り込み、現金封筒で。副牧師就任式は4 月19 日。役員他任職式は定期総会後2 週目執行。チャペルコンサート1年延期。E5/3: 5 月31 日のペンテコステ礼拝より「会衆と共に守る礼拝」を予定。5/24:(緊急事態宣言が5 月14 日に39 県で解除、京都、大阪、兵庫は継続。21 日解除)F ペンテコステ礼拝5 月31 日をマスク着用、消毒、換気、間隔を空けて座る礼拝として「会衆と共に守る礼拝」再開。G5/31:ペンテコステ礼拝では洗礼式執行、聖餐式なし、愛餐会延期、讃詠交唱、讃美歌歌唱、独奏の形。定期総会 6 月14 日開催。7 月19 日26 日説教卓と司会卓にアクリル板パーティション設置。H8/2:第2波的感染者数増加、礼拝での歌唱中止。受付で検温を開始。永眠者記念礼拝(9/20)は2回に分けて行う。
 ミラノの高校の校長ドメニコ・スキラーチェさんは、2月末コロナ禍にあって休校を伝える手紙でこう語っていました。「頭を冷やしなさい。集団妄想にとりつかれてはなりません。感染症の大流行で一番危険なリスクの一つはマンゾーニやボッカチオが教えているように社会生活に回る毒と市民生活の荒廃。見えない敵に脅かされていると感じる時、人間の本能はそこら中に敵がいるように錯覚させます。私たちと同じ仲間まで脅威として、また潜在的な攻撃者とみなしてしまう危険があるのです。14 世紀、17 世紀のペスト大流行に比べると私たちには現代医学があります。それが私たちの社会と人間性を守る歴史の遺産です。それができないならばペスト、コロナが本当に勝利します。ではまた学校で会いましょう」。

Page Topへ

第174号
  隔てなく雨は降り
 マタイによる福音書5:38〜48   京都教会牧師 入 治彦
 「目には目を、歯には歯を」とは、一般的にもよく知られた言葉ですが、これはもともと「やられたらやり返す、倍返しだ」ではありませんが、二倍、三倍返しによって、復讐の連鎖がとどまらない、しまいには目をやられたのに、命まで奪ってしまうようなこともあったので、「目をやられたら、仕返しは目だけにしておきなさい。歯をやられたら、歯だけにしておきなさい」という同害復讐法をあらわす言葉でした。
 この言葉は旧約聖書の出エジプト記やレビ記にも登場する言葉ですが、イエスはこの言葉を引用しつつも、マタイ5:38以下で「しかし、私は言っておく。悪人には手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。あなたを訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせない」41では、「誰かが1ミリオン行くように強いるなら、一緒に2ミリオン行きなさい」と命じられました。実際にあるホームレスの人が4人の中学生に無抵抗のままに撲殺されるといった事件も起こった時、「イエスの言葉は理想なのか、現実に実行しなさいということなのか」疑問に思って問いかけてきた人もありました。
 しかし、イエスはマタイ5:43以下でも「あなた方も聞いている通り、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。しかし、私は言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」と言っておられます。
 『炎のランナー』という映画で知られる宣教師で1924年のパリオリンピックの陸上400メートルで優勝したエリック・リデルが、日本軍によって中国山東省の収容所に抑留された時の話があります。収容所内で一つの議論が持ち上がりました。聖書の「汝の敵を愛せよ」というイエスの教えは、ただの理想なのか、実行すべき教えなのかということでした。日本兵の中国人への仕打ちは酷いものがあり、収容所の若者たちは、日本人に対する憎しみを募らせていき、宣教師の子どもで高校生だったスティーブン・メティカフという青年は、「敵を愛しなさい」という言葉に反感を覚え、日本兵など愛せないと感じていたといいます。
 ある日、エリックは青年に言いました。「私もそう感じたが、聖書には『迫害する者のために祈りなさい』とある。僕たちは愛する者のためなら、頼まれなくても時間を費やして祈るが、イエスは愛することのできない者のために祈れと言われた。だから、君たちも日本人のために祈ってごらん。人を憎むと、自分中心の人間になる。でも祈るなら、神中心の人間になるんだ。神が愛している人を、憎んではいけない。祈りは、君たちの姿勢を変えるんだ」
 スティーブンは、エリックをスポーツマンとしても尊敬していたため、それから日本兵のために祈り始めたといいます。祈っても祈っても日本兵の態度は変わらなかったようですが、メティカフ自身の心が変わっていき、第二次世界大戦後、日本にやってきて宣教師として38年間東北や北海道で伝道し、神の愛と平和を宣べ伝えたそうです。
 渡辺総一さんが描いた『降る雨となり』という絵があります。そこには添え書きで「牧場に降る雨は草を茂らせ、羊や牛を養うものになります。地を潤す雨はあらゆる植物を育て、全て生あるものの命を支えます。つまり命は全く上から降ってくるものによってあるのです。上から降ってきて下から支える。それが神のみわざであります」と書かれていました。最後にマタイ5:45を読んで終わります。「父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである」

Page Topへ

第175号
 明けない夜はない
    詩編30:1〜13   京都教会牧師入治彦
 「ありがとう」という言葉は、有ることが難しいと書きますが、辞書を引きますと、尊い、もったいない、かたじけない、仏のありがたい教えとありました。詩編の中で感謝の歌と呼ばれる場合は、「神が私(私たち)を救ってくださった」という報告的一文をもつことだといいます。詩編30編も「主よ、あなたをあがめます。あなたは敵を喜ばせることなく、私を引き上げてくださいました。(略)あなたはわたしを癒してくださいました」という感謝の言葉をもって始まっています。この感謝の歌は、重い病気にかかり、死の淵にたたずんだ者がそこから救い出されて神を崇めた時の詩であろうと言われています。
 この詩は、紀元前170年、スリヤのエピファネスがエルサレムを占領し、市民を虐殺し、神殿を汚し、異教の祭儀を建てたその5年後、ユダ・マッカービーがエルサレムを回復し、神殿を清めた宮清めの祭りに用いたところから、神殿奉献の詩とも言われています。おそらく重病からの救いに、この時の解放の喜びが重ね合わされたに違いありません。
 この喜びは、個人的な告白にとどまらず、他者にも解放の喜びを伝え、一緒に讃美の歌を歌い、感謝をささげようと要請しているではありませんか。「主の慈しみに生きる人々よ、主の讃美の歌を歌い、聖なる御名をとなえ、感謝をささげよ」と。
 ところが、神が一度その御顔を隠されると、詩人はおじまどい、恐怖に陥ってしまったといいます。今まで当然あるものと信じ、積み上げてきたものが、その土台を失うことによって、ガタガタと際限なく崩れ出したのです。神が顔を隠すとは、神がその人を忘れてしまったようにみえるということに他なりません。詩人はそこから必死に叫びました。空虚にみえる天に向かって「私が死んで墓にくだることに、何の益があるのでしょう。塵があなたに感謝をささげ、あなたのまことを告げ知らせるでしょうか」彼は神の胸ぐらにつかみかかり訴えています。
 ここで着目したいのは、「塵」です。順境の時、砦の岩に立つと豪語していたものが転落、逆境の中で自分の事を吹けば飛ぶような塵であると告白していることです。創世記の人間創造のところで「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形造り、その鼻に命の息を吹き入れられた」と伝えています。ヨブ記も「私は塵と灰の上に伏し、自分を退け、悔い改めます」と伝えています。塵とは人間のはかない命の原点であり、また悔い改めのしるしなのです。
 「水のいのち」という合唱曲の最後「海よ」にはこう歌われています。「ありとある芥 よごれ疲れ果てた水 受け入れて すべて 受け入れて つねに 新しくよみがえる 海の不可思議くらげは海の月 ヒトデは海の星(略)そして深く暗い海の底では 下から上へ まこと 下から上へ 雪は 白い雪は 降りしきる」転落の中で自らを塵、芥と告白する者は、深みでその軽さ故に下から上へと上げられるのです。神にあるはかなさを知ることは、そのまま救いなのです。神を祈り求めるところ、必ずやそのような転換があります。「夜は夜もすがら泣き悲しんでも朝と共に喜びは来る」からです。明けない夜はありません。

Page Topへ

第176号
 太陽は夜も輝く
     詩編19:1〜15    京都教会牧師 入 治彦
 ハイドン作曲『天地創造』でよく知られた詩編19編ですが、これは大きく二つの部分
から構成されていることがわかります。前半の2節から7節までの「天は神の栄光を物語
り、大空は御手のわざを示す」とはじまる自然を媒介として声を響かせてくる世界の創
造者である神と、後半の8節から15節では、「主の律法は完全で魂を生き返らせ、主の定めは真実で、『無知』な人に知恵を与える」というように、律法によって、人の魂に語りかけてくる救済者としての神を詠っています。
 前半の「話すことも、語ることもなく、聞こえることもない神の声が、全地にあまねく響くのを聞きます」という言葉はとても神秘的な体験です。パイプオルガンの通奏低音のように、詩人は繊細で鋭敏な感性と豊かな心をもって、空から響いてくる神の声を聞き取っているのです。ただし、ここで注意しなければならないことは、私たちが自然を通して、見たり、聞いたりできる神の声の響きは世界の一部分だということです。
 神はそのような私たちを助けるために、文字通り文字となった読むことのできる神の言葉、律法を私たちに授けてくださいました。そして、古代ユダヤでは、律法の象徴として太陽が用いられたようです。なぜなら、太陽の「熱から隠れ得るものはない」というように、神の律法からも隠れ得るものもないからです。
 このように、詩編19編の詩人は、空からは神の声が響いてくるのを聞き取り、律法からは、主のあがないの業を確信していきます。こうして、詩人の信仰はよりしなやかにされていきました。
 「インテリゲレ」という言葉があります。その意味は理解することですが、「インテル」内に秘められたものを第三者の力を借りて「レゲレ」読むということになります。すべての事柄の中に神を見るというと、汎神論になってしまいますが、そうではなくて、すべての事柄を聖書の眼差しを通して深く読んでいく時、そこに神からの何らかの働きかけ、神からのメッセージが見えてくるということです。
 星野富広さんは「あの時から空が変わった」という詩を書きました。「毎日見ていた 空が変わった 涙を流し友が祈ってくれたあの頃 恐る恐る開いた マタイの福音書あの時から 空が変わった 空が私を 見つめるようになった」空を見つめる前に空に見られていることを知って主の名を賛美しつつ歩んでいきたいと願っています。


Page Topへ



Page Topへ


Page Topへ

Page Topへ




牧師 入 治彦
巻 頭 言

京都教会報