日本キリスト教団京都教会

Backnumber 1  Backnumber 2
Backnumber 3  Backnumber 4
Backnumber 5



 第158号 第159号 第160号
 第161号 第162号 第163号
 第164号 第165号 
 第167号 第168号 第169号
 第170号 第171号 第172号
 第173号


戻る


第157号・号外 (pdf)

Page Topへ

第158号
2015年9月20日
最初の衣裳 牧師  入 治彦  創世記3:20〜24

 猛暑、残暑の夏から秋を迎えました。衣替えのシーズンでもあります。衣食住という言葉がありますが、衣も生活の三要素として昔から大切に考えられてきました。そこには防寒、保護の意味だけでなく、親が子どもに服を着せる、子どもが人形に服を着せるというように、心を込めて包むといった意味もあるかと思います。還暦の赤いちゃんちゃんこも、家族が感謝と祝福の気持ちを込めて着せる衣といえるでしょう。
 さて、創世記の人間の創造、楽園追放の物語を読みますと、二種類の衣裳の起源を見ることができます。1つはアダムとエバが神の戒めを冒して善悪を知る木から取って食べてしまった時、自らの裸であることに気づいてまとったいちじくの葉です。もう
1つは、戒めを冒した罪と責任転嫁をしていったことに対して、楽園追放という神の厳格な裁きが下った時に、神が着せてあげた皮の衣です。
 人間の創造について、創世記1章は、人間は神に似せて造られたと言い、人間の肯定的側面が記されています。2章では、人間(アダム)はもともと土の塵(アダマ)から造られたのだから、死んだらまた土に帰るのだと、人間のはかなさが詠われています。そんな強さと弱さを合わせ持つ人間同士が互いに仕え合うべく、パートナーのエバが与えられました。これはあばら骨を介した同士であり、お互いに助け合うべき存在であることが伝えられています。
 ところが、このような関係に水を差すように蛇という存在が登場しています。蛇は古代から最も賢い知恵の象徴として考えられてきました。蛇は二人に「神は『園のどの木からも取って食べるな』などと本当に言われたのですか?」と揺さぶりをかけ、人の内部に潜んでいる欲望を挑発し、誘惑したのです。彼らはその口車に乗って、禁断の木の実を食べてしまいます。彼らは自らが裸であることに気づき、あわてて腰にいちじくの葉をまといました。
 このことに気づいた神は、彼らをとがめ、責任転嫁をする二人に楽園追放を命じました。けれども、この時神は、このような審判と同時に彼らに皮の衣を造って着せてあげたといいます。自らの罪を覆い隠すようにまとったいちじくの葉は、一時しのぎのようなものに過ぎませんが、神が着せられた皮の着物は、半永久的に使えるものでした。それは、神の心尽くし、保護のしるし、温もりの込められたものといえるでしょう。
 それでは、私たち現代を生きる者にとって、この皮の衣とは一体何を意味しているでしょうか。パウロという人は「主イエス・キリストを身にまといなさい」と言っています。過剰包装、過保護と言われるこの時代、神の心尽くし、温もりの込められたキリストの衣一枚に衣替えする時が来ているのではないでしょうか。
Page Topへ

第159号
2015年12月20日
神の道化師  牧師 入 治彦   エフェソの信徒への手紙2:11〜22

 20世紀は科学技術の進歩から明るい未来を予測していたそうですが、戦争の世紀へと暗転していきました。また、21世紀こそ戦争のない時代を願っていたにもかかわらず、あの9・11からアメリカのアフガン侵攻、パキスタン紛争、イラク戦争、シリア内戦と続き、今年は同時テロが起こりました。既に第三次世界大戦が始まっているという識者もいます。世界各地で互いに高い壁を築いて紛争が繰り返されています。
 エフェソの信徒への手紙が書かれた当時も、ユダヤ人と異邦人の間には宗教的な壁があり、お互いに反目し合っていました。異邦人は、神の恵みから外された者としてユダヤ人から軽蔑の対象となり、神殿の中に入ることを禁じられていました。ユダヤ人と異邦人の
違いは、アブラハム、イサク、ヤコブの血筋の者か、
割礼、律法の有無といった所にあり、それが人と人との間に壁をつくっていました。
 「しかし今や、キリスト・イエスにおいて、二つのものが一つとされ、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律尽くめの律法を廃棄され、平和を実現されたのだ」とエフェソ書2章には記されています。
 イエスが十字架にかけられていく場面を読んでいきますと、イエスの受難によって、それまで犬猿の仲であったファリサイ派とサドカイ派とが手を組み、ヘロデ党とファリサイ派が結束し、ユダヤ人とローマ人が手を結んでいったことを知らされます。
 私たちは、月1回聖餐に与っていますが、聖餐式で毎回確認されることは、イエスの体であるパンが裂かれ、血潮なる杯が配餐されることによって、私たちの罪のゆるしと主にある一致を受けることです。これは、神の前に自分たちが、プラスのことを並べて一致するものではなく、むしろ神の前に誇るべきものが何もない、空っぽと告白する者たちが、マイナスを通して、一致するということを意味しています。
 小鳥や狼に説教をしたといわれるアッシジのフランシスコは「神の道化師」と呼ばれましたが、似たような表現で「聖なる愚者」という考え方があります。松竹新喜劇の藤山寛美さんの演じた「阿呆」は、皆筋書きが同じだったと言われています。最初のうちは、舞台の上の人は、彼の演じる主人公を馬鹿にしています。それでも彼は、一生懸命主君や友だち、恋人に仕えます。しかし、最後に彼を笑っていた観客は、実は皆の方が「阿呆」で彼だけが本当の真心をもつ人間ではないかと発見するのです。
 皆賢く自己主張をしていたら、互いに壁を築くでしょうし、この世の中はまとまらず、紛争も絶えないでしょう。だれかが大人になり、「阿呆」にならないと、和解はなく次のステージには進めません。自分より少しだけ他人のことを考える、そのような「聖なる愚者」の心根をもって歩み始めるところから、小さな平和は生まれるものと思います。

Page Topへ

第160号
2016年3月27日
「三度の質問」  牧師  入 治彦  ヨハネによる福音書21:15〜19

 渡辺総一さんの描いた「イエスが岸に」という絵は、ティベリアス湖畔によみがえりのイエスが姿を現された場面が描かれています。イエスが弟子たちを促して舟を出し、網を打つと大漁、その後パンと魚を分ち与えたと伝えられています。それは、弟子たちにとって「あなたは人間をすなどる漁師になる」と言われた召命の時と重なって見えたに違いありません。
 湖畔での食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに向かって尋ねました。「ヨハネの子、シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」ペトロは「主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と答えました。以前のペトロでしたら「はい、わたしは他のだれよりもあなたを愛しています」と答えていたでしょう。ところが、ここでは二度目、三度目の質問に対しても、同じように奥歯に物のはさまったような応答しかしていません。結婚式の誓約のように「約束します」という調子で潔く答えればいいものを、イエスに責任を預けるような答え方しかしていません。
 ペトロは以前「あなたのためなら命を捨てます」と言って、大見得を切っていました。けれども、イエスが裁判にかけられていった時、大祭司カイアファ邸の庭で女中から「あなたもあの人の弟子の一人だった」と言われると、それを否定することしかできませんでした。他の福音書では、ペトロがイエスの弟子であることを三度否んだとより克明にその場面を伝えています。自分の誓った言葉のもろさ、ふがいなさに我が身をかきむしったことでしょう。
 そんな自らの弱さの実態を知ったペトロに、復活のイエスはここで三度にわたって「わたしを愛しているか」と問われたのです。それはイエスの弟子であることを三度否認したことを、三度にわたってゆるし、帳消しにするような言葉でした。イエスは、はじめ全く自己犠牲的な愛する(アガパン)という言葉で問われましたが、途中から友愛を示す愛する(フィレイン)という言葉を使って、ペトロに歩み寄り妥協していかれました。それに対して、ペトロも「わたしがあなたを愛していることはあなたがよくご存じです」と答えの主体を自分からイエスに移し、あなたはすべてをお見通しではないですか、というような答え方をしています。腰の引けた応答であるものの、ここには真実が見えてきます。
 ペトロは、自ら発した言葉につまづき、自分自身の限界を知って、はじめてイエスから託された仕事がありました。それは「わたしの羊を飼いなさい」宣教しなさい、伝道しなさい、ということです。今までどんなにりっぱな信仰告白をしようと託されなかった言葉がこの「羊を飼いなさい」でした。よみがえりの主は、つまづいた者を包み、たじろぐ者をもう一度立ち上がらせてくださいます。わたしたちもまた、自己の真実から神の真実に生き、神の言葉を様々な形で取りつぐ働きが求められています。


Page Topへ


第161号
2016年9月18日
「シャンパングラスの傷」      牧師  入 治彦
 コリントの信徒への手紙U12:7b〜10
   (参考:7bのbは12章7節の2センテンス目からを意味する。)
 
『ソムリエ』というコミカルなドラマで、主人公のソムリエが「シャンパングラスに注がれたシャンパンの泡がきれいに上がるのは、グラスの底に敢えてくぼみのような小さな傷を入れるからだ」と言っていたのを覚えています。また、ネイティブ・アメリカンの人たちは、毛布を織る時にも、陶器を作る時にも、幾何学的な模様の中に1箇所だけズレをつくるといいます。それは、作っている間に入った悪霊が出て行くための出口になるそうです。
 こうしたキズやズレといったマイナスの大切さについて、パウロはトゲといった言葉をもって答えています。パウロの書いたと言われるコリントの第2の手紙ですが、この手紙を書いた頃、彼は1つの悩みをもっていました。それは、最初の訪問によってコリント教会の基礎が造られたのですが、パウロの去った後、自分たちこそまことの教師だと自称する者たちがやって来て、パウロは偽の教師だと吹聴して廻ったからです。彼は、再度そこを訪れて警告を与えていきましたが、人々がそれを受け入れようとしなかったので、涙の手紙を書き起こし、戒め、悔い改めを迫ったといいます。しかし、この問題について、パウロは、自らの力強い知識や経験による説得ではなく、自らの弱さ、トゲをもって答えようとしたのです。
 パウロは、当初ユダヤ教の律法や知識を身につけ、将来を期待された人でしたが、復活の主と出会って、180度の転換をしました。そんなパウロには、何らかの持病がありました。目が悪かったという人もあります。パウロはそのことを自らのトゲと言い、自分からそれを取り去ってくださいと何度も祈りました。しかし、それに対しての神の答えは「わたしの恵みは、あなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」という言葉でした。
 知り合いの宣教師が以前ある雑誌にこんなことを書いていました。「わたしは人間関係をもっと深くするための訓練、ライフダイナミクスを受けた。最初は指導者の指示に従って、相手の人と互いのベストポイント、長所から紹介し合った。その時には、後で互いにこの人は自分には関係ない、つまらない人だと思った。しかし、その後、指示に従って互いの短所を、欠点、弱さを紹介した。自分は小学生4年生を2回した。親指にも障がいがあるといったしんどい告白をしていった。相手も自分の欠点、傷をいろいろと話してきた。すると、大変不思議なことに、相手の人はなかなかいい人だと思えるようになった」と言っていました。
 キリストの恵みも人の強さを通してよりも、むしろ人の弱さを通して入ってきます。その点で、パウロの言うトゲとは、悪霊の出口ではなくて、聖霊の入ってくる空気穴だと言えましょう。この混沌とし殺伐とした現代、強さが謳歌される時代にあって、教会は「弱さこそ聖なるもの」というメッセージを世に発信していければと願っています。

Page Topへ

第162号

「アーモンドの枝が見える」 牧師  入 治彦
エレミヤ書1:4〜13

ミケランジェロが描いた預言者イザヤの肖像は、地上の出来事を鋭いまなざしで見下ろす者として描かれています。それに対して、彼の描いた預言者エレミヤの壁画は、頬杖をついてうつむき加減で物思いに沈んでいるように描かれています。それは、エレミヤの生涯の全体像を端的に表わしているように思えます。
 エレミヤ書1章は、エレミヤの召命の出来事を記した箇所ですが、それは神からの「私はあなたを母の胎内につくる前からあなたを知っていた。母の胎から生まれる前に、私はあなたを聖別し、諸国民の預言者として立てた」という呼びかけで始まっています。それに対する彼の返答は、「ああ!」というためいきでした。「ああ」とは、思いがけない出来事に遭遇した時発する声に他なりません。    
 <私は語る言葉を知りません。まだ青二才に過ぎないのですから>そう言って尻込みするエレミヤを神は、<私がいつも一緒にいるから大丈夫>とインマヌエルを語り口説こうとしましたが、それでも納得しない彼の口に、神自ら手を触れたり、アーモンドの木の枝や煮えたぎっている鍋といった二つの幻を見せては、説得しようとされました。その召命は、イザヤ、エゼキエルがボランティア型だったのに比べると、モーセ同様スカウト型と言えるものです。
 ここでエレミヤに呼びかけた時の最初の言葉「母の胎から生まれる前に、私はあなたを聖別していた」という箇所に着目してみたいと思います。それは「ああ」としか答えようのなかったエレミヤの時と対立しています。自らの知識や経験から判断して不適格と断る人の時に対して、神の圧倒的に長い時というものが対立していることを表わしています。
 「主旋律と装飾音」という本の結びに、重い病を宣告された牧師がこんなことを書いていました。「自分の人生を振り返ると、自分は装飾音符にばかりに力を入れ過ぎて、本来語るべき主旋律をどこかに弾き忘れていたのではないだろうか」と。その話を聞いたご次男が数カ月後の手紙に「たとえ装飾音符といえども、神様が与えてくださったものですから、1音も誤魔化さず、最後まで弾き切ってください」と書き送ってきたそうです。
 私たち一人一人の人生もまた、自らの小さな短い時を超えて、装飾音符も含めて神の与えてくださった長い大きなうねりの時間の中にあるのではないでしょうか。私の時に対して、神の時はあまりに長いのですから。自らの短い時から、神の遥かな時の中に身をゆだねていければと願っています。

Page Topへ


第163号
ペヌエル(神の顔)創世記33:1〜14b
                      京都教会 牧師  入 治彦
 聖書には、兄弟間の仲睦まじいことを詠ったものもあれば、逆に兄弟の赤裸々な対立を描いたものもあります。エサウとヤコブの物語は、後者に属した代表的な話でしょう。この二人の対立は、母親リベカのお腹の中から既に始まっていたからです。弟のヤコブは生まれてくる時、兄エサウのかかと(アケブ)をつかんで生まれてきました。ヤコブがアケブをつかんで生まれたという語呂合わせは、ヤコブの後々の性格を決定づけています。ヤコブという人は、人の足を引っぱる者、そこから人をだます者という意味も出てくるからです。
 ヤコブは、お腹を空かせて狩りから帰って来た兄から、一杯のレンズ豆のスープと引き換えに、長子の権利を奪い取り、父イサクからも特別の祝福をだまし取ってしまいました。この後兄は地団駄踏んで悔しがり、弟を抹殺しようと殺意さえ抱くようになります。家にいることができなくなったヤコブは、母リベカの差し金で、おじラバンの住む東方の土地に向けて、さすらいの旅に出たのです。
 ヤコブはそこで黙々と働き、家族にも財産にも恵まれていきました。けれども、彼に輪をかけてずる賢いおじや妻たちの確執に辟易します。移住してから20年、跡継ぎとなるべきヨセフが誕生したところで、ヤコブは神の命に従い、故郷に帰ろうと決断しました。
 多くの家族、多くの家畜、財産を背負って、ヤボクの川を渡ろうとします。けれども、ここまで辿り着いた時、エサウへの恐怖が再燃、川は兄との断絶を益々深めるように立ちはだかったのです。その夜、橋渡しをしてくれたのは、一人の天使でした。天使はヤコブに挑み、格闘しました。この時、ヤコブは天使をうち負かしたものの、腿のちょうつがいが外されてしまったといいます。これまで人の足を引っ張り続けてきた者が、今度は逆に人から足を引っ張られたといえるでしょう。そして、天使から「お前の名前は、これからは神の民なるイスラエルだ」と命名されました。この地の名前は記念にペヌエル(神の表面)と名付けられました。
 ヤコブは、朝焼けの中に身を起こし、足を引きずりながら、兄に近づきました。そんな彼をエサウは、涙を流して抱きしめてくれたではありませんか。ヤコブは言いました。「兄上のお顔は、私には神の御顔のように見えます。この私を温かく迎えてくださったのですから」神の顔(ぺヌエル)、それは紛れもなく人の顔に映し出された神のゆるしの顔に他なりません。ヤコブの長いさすらいの旅はこのゆるしの顔を求めての旅だったと言えましょう。
 ヨハネの手紙には「いまだかつて神を見た者はいません。私たちが互いに愛し合うならば、神の愛が私たちのうちで全うされているのです」と伝えています。私たちが愛し合う、ゆるし合う所に、その間に神はいまし、神の愛が映し出されてくるのです。互いの顔に神の顔を見ることができるならば、幸いです。 

Page Topへ

第164号
エレミヤの嘆き    エレミヤ書20:7〜18
            京都教会牧師入治彦
 「預言者が敬われないのは、自分の故郷。親戚や家族の間だけである」という言葉があります。エレミヤもまたその点で預言者の典型であったと言えましょう。南ユダでは、アッシリア帝国の強力な支配の下、アッシリア流の礼拝様式をやむなく取り込んでいった結果、多産の神々の礼拝がはびこっていました。その時代に、ヨシヤ王は地方の聖所を廃止して、礼拝を都のエル号レムに集中させる運動を起こしました。エレミヤもまたこの運動に共鳴したのですが、それは郷里アナトトの人々から反感を買い、彼らはエレミヤを脅迫したのです。
 エレミヤは、北からの災い、大いなる破壊を預言し、悔い改めを迫つていきましたが、その預言はすぐには現実のものとはなりませんでした。また、アッシリア帝国はその後衰退し、人々の間では安泰ムードが蔓延していき、エレミヤの預言が外れたように見えると、人々はエレミヤに嘲笑を浴びせ迫害したのです。
 それでは、神のエレミヤへの召し出し、選びとは一体何だったのでしょうか。エレミヤは「私が語る言葉は嘆きしか出てこない」と吐き捨てるように言い、「主の名など二度と口にしたくない」とさえ言っています。エレミヤは、神の言を語るということと、人間として生きるということの板挟みで悩み、その矛盾を背負い続けた預言者でした。「呪われよ、わたしの生まれた日は。母が私を産んだ日は祝福されてはならない」という言葉は、「母の胎から産まれる前に聖別した」という神の言葉に真っ向から楯突く言葉です。
 けれども、もっと辛辣なのは、「主よ、あなたが私を惑わし、私は惑わされてあなたに捕らえられました。あなたの勝ちです。私は一日中笑い者にされ、人が嘲ります」という言葉です。これには、エレミヤが神の胸ぐらにっがみかかり、怒りをぶつけているように見えて、非常な衝撃を覚えました。
 ある信徒の悩みに答えて牧師が書いていた一文を読んだことがあります。「祈れない。祈りが神
へのののしりになってしまう」という質問に答えて「今あなたにできることは、祈れなくても祈り続けることです。神様に自分の思いを爆発させていいのです。泣きたければ泣き、怒りたければ怒ったらいいのです」。そのように答えた牧師自身、自らの暴言と怒りの言葉が尽きた時、「おまえの気持ちはわかったよ。もうわめきもののしりも十分だろう。後にはゆるしと愛だけが残っているのではないか」という声を聞いたそうです。

Page Topへ

第165号
底なしの深みから               詩編 130:1〜8
                          京都教会牧師 入 治彦

 「深き悩みより、われは御名を呼ぶ」という歌詞で知られる讃美歌21-160番は、宗教改革者マルチン・ルターが、詩編の130編に曲をつけたものであり、多くの人々から愛され不朽の名作と云われて来ました。
 この詩人が、その歌詞である130編で詠っている「深い淵の底から、主よ、あなたを呼びます」の深い淵とは、天地創造のカオスであり、底なしの深み、神の力も及ばないような所、死の世界と言い換えることのできる所です、そのような所から、詩人は「主に望みをおき、わたしの魂は望みをおき、御言を待ち望みます」というように、神を待望しているのです待ち望むとは、<巻き付く>、<からみつく>ということであり、底なしの沼から藁をもつかむような思いで、からみつくと言っているのです。
 3節では「主よ、あなたが罪をすべて心に留められるなら、主よ、誰が耐ええましょうか」と謳い、神がもし罪をべ)一つ一つ記帳してしていったなら、誰がそれに耐え切れるのか、だれも生きていけないではないかと訴えています。にもかかわらず、詩人はそんな酷な神に向かって叫び、待ち望むと言っています。それは他でもなく、ゆるしが神と共にあるからです。
 ここで4節と7節に着目してみましょう。「ゆるしはあなたのもとにあり」「いつくしみは主のもとに」とあります。この「〜のもとに」の原語は<イーム>(共に)であり、インマヌエルのイームです。インマヌエルとは、「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。この名は『神は我らと共におられる』という意味である」と記されている通りです。クリスマスのメッセージは、神我らと共にいませりということを伝えているのです。
 疲れて落ち込んでいると、鬱々として何でも悪く、消極的に考えてしまうことがあります。心も体も全体的な力が落ちこんでいると、世の中すべて暗く見えてしまうこともあります。けれども、そのような時に励まし手がそばにいてくれるだけで、世界が少し明るく見えてくることがあります。
 時として、私たちは神の力をみくびり、「神の手が短すぎて救い出す力がない」と嘆くこともあるでしょう。しかし、ルターは、<遠きにいまして近くの神、近くにいまして遠き神>と言っています。底なしの深みにも共にうずくまっていてくださる方が、本来有り得ぬ所にさえ共にいてくださることを憶えて、希望のうちに信仰の道を歩んでいければと願っています。


第166号




Page Topへ


第167号
奇跡の種
ルカによる福音書13:18〜21
京都教会 牧師 入 治彦

私たちが何か新しいことを説明する時に、知らずして譬えというものを使っていることが多いのではないでしょうか。たとえば、アーティチョークという野菜。「色はイグアナのような黄緑で先端は紫、形はサッカーボールのような球体、味はソラマメとクリを混ぜたような」などと言って既によく知られたものを使いながら、知らないものを相手にイメージさせます。
 イエスはそんな譬えの達人でした。その特徴は3点あります。@イエスの譬えは一般の物語を語る法則に従っている。A書斎で説教を準備するようなものではなくて、むしろ人々との生きた出会いにおいて即座に語られたもの。Bイエスの譬えはどれも判断をくだし、行動による応答を引き起こそうとしたものである。
 「からし種とパン種の譬え」は神の国の譬えとして知られているものです。「神の国は何にたとえようか。それはからし種に似ている。人がこれをとって庭にまくと、成長して木になり、その枝には空の鳥が巣をつくる。」からし種はゴマ粒よりも小さく、シャーペンの芯を砕いたようなもの。小さいけれども、育つと空の鳥が宿る位5メートル程の大きさになるといいます。旧約では空の鳥とは異邦人を指すことが多く、神の支配がイスラエルだけに限定されない、民族を超える可能性が目に見える形で発展するそのダイナミックさが見てとれるのです。
 一方、パン種の方は「神の国を何に例えようか。パン種に似ている。女が3サトンの粉に混ぜると、やがて全体が膨れる」とあります。2回程パンを作ったことがありますが、第1次、第2次発酵とか言って、コタツに入れて2倍に膨れ上がったパンを見て驚いたことがあります。3サトンとは39リットルで、150人から160人分のパンをつくることができるそうです。かたや目に見えて発展するもの、かたや浸透し目に見えない発展をするもの。両者に共通しているのは、「小と大のコントラスト」、「目立たない始まりと思いもよらない終わり」です。
 この譬えの前には、18年間病魔に冒されていた女性がイエスの言葉によってたちどころに癒された記事が置かれています。この転換、対立は見えない神の国と見える小さなしるしと言えます。イエス御自身の働きの中に既に神の小さな支配が始まっていて、やがて大きな栄光に満ちた終末が起こるであろうということがここに示されているのです。壮大なオペラの序曲がやっと今奏でられたに過ぎないのです。
 バルセロナのサグラダ・ファミリア教会は、136年経っても未完成ですが、あの教会の建築が始まって数十年経った時、市民の間で「あの教会は一体いつ完成するのだろうか」ということが日々話題になったそうです。それと同時に流行した言葉は、「神様はお急ぎにならない」でした。私たちもまた、やがて来る豊かな実りの片鱗に触れながら、明日を夢見ることができれば幸いだと思います。

Page Topへ

第168号
隅のかしら石
ペトロの手紙T 2:1〜10       京都教会牧師 入 治彦

 ペトロの手紙Tは、最近では紀元90年代に書かれたといわれています。ローマのドミティアヌス帝の頃で、小アジア、今のトルコあたりでキリスト者に大迫害が起こった頃と考えられます。この手紙はそのような人々に向けて「だから悪意、偽り、ねたみ、悪口をみな捨て去って、生まれたばかりの乳飲み子のように、混じりけのない霊の乳を慕い求めなさい」と言って、絶えず御言葉の乳を吸い成長していくよう励ましています。
 さて、ここで着目したいのは4節5節です。「主は人々からは見捨てられたのですが、神にとっては選ばれた、尊い生きた石なのです。あなたがた自身も生きた石として用いられ霊的な家に造り上げられるようにしなさい。そして、聖なる祭司となって、神に喜ばれ、霊的ないけにえをイエス・キリストを通してささげなさい」という所です。この生きた石とは、すなわちイエスのことであり、また小アジアのキリスト者たちが生きた石となって、霊的な家、教会を造り上げるようにしなさいと勧めています。しかし、神にとって選ばれた尊い、生きた石とは後のところで「家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった」「つまずきの岩、妨げの岩」と詠われています。言い換えるならば、親石とは建物の四隅に据える基礎の石であり、建物のアーチの頂上に入れるくさび石、建物の最後の仕上げにおく冠の石です。いずれにしても、人々から捨てられた邪魔な石が、神によって最も重要な部分に置かれるということに他なりません。ペトロがイエスにキリスト告白をした時、イエスは大層喜ばれ「あなたはペトロ、私はこの岩の上に教会を建てる」と言って祝福されました。この岩の上にとは、ペトロの告白した言葉の上にということですが、その本当の礎とは、生ける石、妨げの岩なるキリストです。
 「道」という映画では、ジェルソミーナという女の人が、粗暴なザンパノという大道芸人に買われて、巡業の旅に出かけます。しかし、あまりに乱暴なザンパノについていく自信がなくなってしまいます。その時、一人の道化師が彼女を励まします。「見てごらん。この小さい石ころだって何かの役に立っているんだ。もしこれが何かの役に立たないなら、星だって何の役にも立たないのさ」イエスという方は、そういう意味では、人が手にとろうともしない無数にある石にさえ身をおかれ、その下敷によって人を生かされるのです。教会に届いた会堂建築募金依頼の封書に「あるのはヴィジョンと隅のかしら石。私たちには力も知恵もありませんが、失われた羊を求めて、地道な伝道活動を進めていきたいと思います」というものがありました。私たちの教会の土台も隅のかしら石なるキリストです。キリストを礎として、価値なき者をも生かしてくださる豊かな恵みをいただきながら、新しい年、心新たに宣教に携わっていきたいと願っています。

Page Topへ

第169号
カイザルのものはカイザルに       2019/04/20
マルコによる福音書12:13〜17    京都教会 牧師 入 治彦

 「カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい」という言葉でよく知られた箇所です。受難の闇迫る時、人々は、ファリサイ派やへロデ派の人たち数人を送って、イエスの言葉尻をとらえて陥れようと考えました。彼らの質問はこうでした。「皇帝に税金を納めるのは、律法にかなっているでしょうかかなっていないでしょうか?」これについては、もしユダヤというローマ帝国の属州が皇帝に税金を納めるのを承諾すれば、民衆の多くが共鳴しているローマからの独立運動に関わっているゼロテ党(反ローマ武装闘争)の立場を否定し、暴動が起こり騒乱罪に問われる。もし否定すれば、ローマ帝国から皇帝への反逆者とみなされ不敬罪に問われるという策略がありました。
 この時イエスは、彼らの下心を見抜いて、ローマの貨幣であったデナリオン銀貨をもって来させ、そこに刻まれた肖像と銘がだれのものであるかを質問者たちに答えさせたのです。当時皇帝はティべリウスで、その硬貨の表は皇帝の裸の胸像で、神的権威をあらわす月桂冠で飾られていました。そこには、「崇拝すべき神の、崇拝すべき子、皇帝ティべリウス」と刻まれていました。その裏側には「最高神官」と刻まれていました。このような具合でしたから、これは単なる皇帝の権威を示していたのみならず、皇帝を神格化した国家的神話的象徴でした。
 ここでイエスは、その銀貨を用いて、「これは誰の肖像と銘か」と彼らに尋ねています。彼らが「皇帝のものです」と答えると、イエスは「皇帝のものは皇帝に(カイザルのものはカイザルに)神のものは神に返しなさい」と言われました。デナリオン銀貨はもともと皇帝が鋳造させたものですから、それは皇帝に返しなさいと言われたのです。しかし、デナリオン銀貨は神格化された皇帝の肖像と銘が刻まれているので、絶対的権威と栄光は真実の神にお返ししなさいということを示していたのです。
 イエスが、彼らの下心を見抜いて、直接的に「律法にかなっています」と「かなってもいません」とも答えず、「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」と答えを返したのは、彼らの敷いたレールに乗らず、あなた方の下心ある質問もそのままのしをつけてお返ししましょうといった意味がありました。カイザルのものはカイザルに、神のものは神に、あなた方の下心ある質問もそのままあなた方にお返ししましょう、ということです。ローマの総督ピラトは、裁判の席でイエスに「おまえがユダヤ人の王なのか」と尋問しました。イエスは「それはあなたの言っていることです」と答えておられます。ピラトは自分が問われている気持ちになったことだろうと多くの注解者は解釈していました。
 翻って、信仰者もまた、人生を聖書に問い、イエスに聞こうと努めますが、問われているのはむしろこちらなのではないでしょうか。見つめる前に見つめられ、選ぶ前から選ばれていたという事実。最後に星野富広さんの短い詩を読んで終わります。「毎日見ていた 空が変った 涙を流し友が祈ってくれた あの頃 おそるおそる開いたマタイ福音書 あの時から空が変った 空が私を 見つめるようになった」


Page Topへ

第170号 2019/09/15
声は下から   ルカによる福音書19:1〜10
京都教会 牧師 入 治彦
讃美歌21の280番「馬槽の中に産声上げ」は、イエスが飼葉桶に生まれ、大工ヨセフの子として育ち、最後は十字架にかけられたと詠っています。その生涯は木にまつわる人生だったと言うことができるかも知れません。イエスが、ザアカイに出会われたのもいちじく桑の下でした。
 ザアカイは、今評判のイエスという人が自分の町エリコにもやって来られると聞くと、その姿を一目見ようと、群衆に近づいて行きました。けれども、背が低く群衆にさえぎられて初めイエスを見ることができなかったといいます。群衆にさえぎられたのは、彼が徴税人の頭であったということもありました。徴税人とは、当時ユダヤを植民地としていたローマ帝国のために、税金を集めて回る人で、請負額以上の取り立てをすれば、そのマージンによって私腹を肥やすことができた人たちだったからです。それによって、ユダヤ人からはローマの手先となって働く罪人というレッテルを貼られていたのです。
 しかし、ザアカイの一連の行動を見て行きますと、彼が嫌われ者の徴税人で、金持ちだったということだけでなく、彼の名前の意味が「純粋」であり、一途なところがあったということにも気づかされます。彼は、イエスの姿を一目見ようと、大人であるにもかかわらず、先回りして走って行って、いちじく桑の木の上に登ったからです。
 ザアカイの人生は「木に登る」、この行動に象徴されているように見えます。なりふり構わず、人に負けじと働き、多くの群衆の中で突出した形でも、イエスの姿を見たかったのです。彼が木の上から下を見下ろした時、人垣の中からこんな声が聞こえてきたといいます。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日あなたの家に泊まりたい」それは全く気負いのない声でした。それは上から人を見下ろす形でしか、自分を見出すことのできなかった生き方が根底から溶かされるような声でした。英語で理解するとは、understand下に立つと書きますが、イエスはザアカイの下に立って、彼を深く理解されたのです。
 さらにイエスは「今日、あなたの家に泊まらなければならない」と語っておられます。ザアカイの側では偶然でも、神の側では必然だったのです。そのようなイエスと出会ったザアカイは、自らの財産の半分を貧しい人たちに施すことを約束しました。この時、ザアカイは、「木から降りた」と言えるでしょう。
 私たちが毎週守っている礼拝というのも、この世的な価値観の木から降りて、神によって自由にされ、人と分かち合う生活へと変えられる場ではないでしょうか。もっと、大きく、もっと強く、もっと速くというものを目指す競争の木から降りて、見えない主の恵みを人々と共に分かち合う生活へと導かれる場です。


Page Topへ

第171号

恐るべき者
          マタイによる福音書10:26〜31      入 治彦
 英語で1月をジャニュアリーと言うのは、ローマ神話のヤヌス神から来ているようです。ヤヌスというのは、古い年と新しい年を結び合わせるように、二つの顔が互いに外側を向いて一つになっています。それは厳しい寒さと共に春に向かっている顔だともいいます。2020年も時間を重ねるごとに、希望と平和に満ちた春を迎える年であるよう願っています。
 マタイ10:26以下は、イエスが弟子たちを宣教へと派遣するにあたって、弟子たちへの迫害が予想される、その時に「人々を恐れてはならない」と励ましておられるところです。ここには三度にわたって「恐れるな」という言葉が出て来ています。「人々を恐れてはならない」なぜなら「覆われているもので、現されないものはなく、隠されているもので、知られずに済むものはないからである」と続いています。本来この言葉は<秘密はたやすくもれるから、陰でこそこそ言うのは止めなさい>という消極的な意味でのことわざでしたが、ここでは積極的な意味で、今おまえたちの伝えようとしている福音の種の芽はすぐには出ないかも知れないが、やがて人間がどんなに抑圧し、押し込めようと、そういった障害や抵抗を突破して、必ず外にその実はあらわれてくるということが詠われています。現実的には宣教は遅々として進まないように見えるが、イエス共にいます時、長い目で見た時には、必ず実りが約束されているのだから、恐れずに大胆に行きなさい、と言っているのです。
 そして、「恐れずに行け」の具体的根拠として、尻込みする弟子たちに、イエスは「2羽の雀が1アサリオンで売られているではないか。だがその1羽でさえ、父のおゆるしがなければ地に落ちることはない」と話されました。1アサリオンを現代のお金に換算すれば、1羽あたり250円程度、少々古い辞書によれば4円程度と出ていました。いずれにしても、大した額ではない一羽の雀でさえ、その生き死には、神の御手のうちにあるというのです。それと同時に、イエスは「あなたがたの髪の毛までも1本1本残らず数えられている」と言っておられます。髪の毛の髪という漢字は長い友達と書きますが、そんな髪の毛1本でさえ神は知っていてくださる。
 私たちは目に見える色々なことにこだわって、クヨクヨしたり、人目を気にして正しいことができなかったりしますが、私たちが人を恐れて思い煩う前に、実は神の方が先に悩み、また配慮してくださっています。無価値と思えるものにさえ、神はいつも心を砕いていてくださる。「われらは耕し 地に種をまく されど芽生えと育みは 主の御手にあり」(作 P.ゲルハルト/M.クラウディウス)2020年、順境の時も逆境の時もあるでしょう。ルターの語ったといわれる言葉が響いてきます。「たとえ、明日世界が滅びることを知っていても、私は今日なお私のりんごの若木を植えるだろう」神の御手の内にあるものとして、新しい年、時が良かろうが悪かろうが、恐れることなく主にある希望を抱いて与えられた道を淡々と歩んでいきたいものです。( 絵画:グエルチーノ「聖母子と雀」 )

Page Topへ

第172号
天にある故郷  ヘブライ人への手紙11:13〜16
                             京都教会牧師 入 治彦
 私たちが旅と言う時、そこには何か心の華やぎのようなものを感じます。「そうだ京都、行こう!」や「いい日旅立ち」といったコピーに誘われて旅に出かけた人も多いかと思います。「このコロナウイルス感染拡大の非常時に何をたわけたことを」とおっしゃる方もおられるかも知れません。しかし、旅という語源をさかのぼると、そこには骨を折る、あるいは痛い目に遭うという意味もあるようです。古代イスラエルの人々も、その両方を経験しながら旅を続け、近隣の人々からは「漂流者」(ヘブライ人)といったあだ名をつけられた人々でもありました。
 「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声をあげ、自分たちが地上ではよそ者であり、仮住まいの者であることを公に言い表したのです。このように言う人々は、自分が故郷を探し求めていることを明らかに表しているのです」イスラエルの信仰の祖、アブラハム、イサク、ヤコブたちも皆、心の故郷を探し求めて歩く旅人でした。けれども、彼らは「さらに勝った故郷、天にある故郷」を熱望したのです。
 ふつう故郷とは、自分を産み出した土壌、最も落ち着ける場所を意味します。一方天にある故郷とは、人間に究極的に不安を与える死を経た所にあります。信仰の旅人は、そんなまだ見ていない都を確認して生きていったのです。それは見えるものに安住する生き方ではなく、見えない未来に向かって、自分を開き、前のめりで生きていく生き方でしょう。
 信仰という杖に助けられて歩んでいく旅人、イエスが同伴者となって歩んでいく旅人も、現実的にはその生活は難題を抱えて苦しみ、プライドを傷つけられ、うちひしがれたこともありました。この地上にのみ価値をおいていたならば、現実に押しつぶされそうになったこともあったでしょう。けれども、神が用意してくださる天上の都に絶対的な価値をおいていった時に、過ぎ去り行くものから解放されていったのです。
 F・フェリーニ監督は、あるインタビューに答えてこう語っています。「本物の人間の条件とは、それこそかりそめのものである。人がその人生をかりそめのものの連続だとして、つきつめた感慨をもって生きられるなら、ずっと積極的に、とにかくもっと創造的に、間違いなく良くなれるはずである。…自分をおのが人生の旅人だとみる感覚のことを言っているのである」
 私たちの人生、それは日々死んでいく人生であり、無に向かっていくはかない人生です。しかし、イエスが同伴者であり、天国を最終地点においた人生の旅は、いのちに向かっての旅だと言えるでしょう。牧師で神学者だったボンヘッファーは、ナチスによる処刑を前にして「諸君、さようなら、わたしは今から生きるのだ」と言いました。死が終わりではなく、さらに開けた世界があることを示していかれた先輩方の精神的、信仰的な遺産を分かち合い、受け継いでいければと願っています。

Page Topへ

第173号
新型コロナウイルス感染予防と教会
             京都教会牧師 入 治彦
 新型コロナウイルスによる肺炎が発生したと報じられたのが2019年末。それから約半年の間に世界の感染者数は1000万人を超えました。さらに8月11日の統計では2000万人を超えたといいます。国内は8月28日付けで感染者数65,672人死亡者数1,241人と報じられています。
 当教会もこのような歴史的パンデミックに遭遇し、教会内で対策を検討し、週報、口頭、ハガキ、ホームページ、フェイスブックなどで9回程対応を報告してまいりました。@3/1:受付での消毒、換気を行う。礼拝は現行のまま守るが、聖餐式、礼拝後昼食なし。A3/15:祈祷会、家庭集会中止。神学生送別会はホールで間隔を空けて実施。B3/29:マスク着用、讃詠交唱、聖歌隊の合唱は行わない。讃美歌は着席のまま歌わず1節、2節をオルガン演奏。最後の頌栄、祝祷のみ起立。受難週祈祷会、洗足木曜日音楽礼拝は中止。イースターの聖餐式、愛餐会は中止。子どもの教会は礼拝のみ。さーくる・ひかりの子は休会。C4/9:公共交通機関を使い礼拝出席している会員、持病のある人、高齢者の方々は礼拝出席を控えるよう呼びかけた。その代り、ホームページに説教要旨掲載、イースター(4/12)よりフェイスブックによる動画配信を開始。D政府は4月7日7都道府県に緊急事態宣言発出)4/19 より5/3 まで無会衆礼拝。教職、奏楽者、常駐者で行い動画配信。定期総会、役員選挙は延期。投票は郵送。子どもの教会は5 月3 日まで礼拝も休会。さーくる・ひかりの子は5 月2 日まで休会。月定献金他献金などは振り込み、現金封筒で。副牧師就任式は4 月19 日。役員他任職式は定期総会後2 週目執行。チャペルコンサート1年延期。E5/3: 5 月31 日のペンテコステ礼拝より「会衆と共に守る礼拝」を予定。5/24:(緊急事態宣言が5 月14 日に39 県で解除、京都、大阪、兵庫は継続。21 日解除)F ペンテコステ礼拝5 月31 日をマスク着用、消毒、換気、間隔を空けて座る礼拝として「会衆と共に守る礼拝」再開。G5/31:ペンテコステ礼拝では洗礼式執行、聖餐式なし、愛餐会延期、讃詠交唱、讃美歌歌唱、独奏の形。定期総会 6 月14 日開催。7 月19 日26 日説教卓と司会卓にアクリル板パーティション設置。H8/2:第2波的感染者数増加、礼拝での歌唱中止。受付で検温を開始。永眠者記念礼拝(9/20)は2回に分けて行う。
 ミラノの高校の校長ドメニコ・スキラーチェさんは、2月末コロナ禍にあって休校を伝える手紙でこう語っていました。「頭を冷やしなさい。集団妄想にとりつかれてはなりません。感染症の大流行で一番危険なリスクの一つはマンゾーニやボッカチオが教えているように社会生活に回る毒と市民生活の荒廃。見えない敵に脅かされていると感じる時、人間の本能はそこら中に敵がいるように錯覚させます。私たちと同じ仲間まで脅威として、また潜在的な攻撃者とみなしてしまう危険があるのです。14 世紀、17 世紀のペスト大流行に比べると私たちには現代医学があります。それが私たちの社会と人間性を守る歴史の遺産です。それができないならばペスト、コロナが本当に勝利します。ではまた学校で会いましょう」。

Page Topへ



Page Topへ

牧師 入 治彦
巻 頭 言

京都教会報