日本キリスト教団京都教会

Backnumber 1  Backnumber 2
Backnumber 3  Backnumber 4
Backnumber 5



 第158号 第159号 第160号
 第161号 第162号 第163号
 第164号 


戻る


第157号・号外 (pdf)

Page Topへ

第158号
2015年9月20日
最初の衣裳 牧師  入 治彦  創世記3:20〜24

 猛暑、残暑の夏から秋を迎えました。衣替えのシーズンでもあります。衣食住という言葉がありますが、衣も生活の三要素として昔から大切に考えられてきました。そこには防寒、保護の意味だけでなく、親が子どもに服を着せる、子どもが人形に服を着せるというように、心を込めて包むといった意味もあるかと思います。還暦の赤いちゃんちゃんこも、家族が感謝と祝福の気持ちを込めて着せる衣といえるでしょう。
 さて、創世記の人間の創造、楽園追放の物語を読みますと、二種類の衣裳の起源を見ることができます。1つはアダムとエバが神の戒めを冒して善悪を知る木から取って食べてしまった時、自らの裸であることに気づいてまとったいちじくの葉です。もう
1つは、戒めを冒した罪と責任転嫁をしていったことに対して、楽園追放という神の厳格な裁きが下った時に、神が着せてあげた皮の衣です。
 人間の創造について、創世記1章は、人間は神に似せて造られたと言い、人間の肯定的側面が記されています。2章では、人間(アダム)はもともと土の塵(アダマ)から造られたのだから、死んだらまた土に帰るのだと、人間のはかなさが詠われています。そんな強さと弱さを合わせ持つ人間同士が互いに仕え合うべく、パートナーのエバが与えられました。これはあばら骨を介した同士であり、お互いに助け合うべき存在であることが伝えられています。
 ところが、このような関係に水を差すように蛇という存在が登場しています。蛇は古代から最も賢い知恵の象徴として考えられてきました。蛇は二人に「神は『園のどの木からも取って食べるな』などと本当に言われたのですか?」と揺さぶりをかけ、人の内部に潜んでいる欲望を挑発し、誘惑したのです。彼らはその口車に乗って、禁断の木の実を食べてしまいます。彼らは自らが裸であることに気づき、あわてて腰にいちじくの葉をまといました。
 このことに気づいた神は、彼らをとがめ、責任転嫁をする二人に楽園追放を命じました。けれども、この時神は、このような審判と同時に彼らに皮の衣を造って着せてあげたといいます。自らの罪を覆い隠すようにまとったいちじくの葉は、一時しのぎのようなものに過ぎませんが、神が着せられた皮の着物は、半永久的に使えるものでした。それは、神の心尽くし、保護のしるし、温もりの込められたものといえるでしょう。
 それでは、私たち現代を生きる者にとって、この皮の衣とは一体何を意味しているでしょうか。パウロという人は「主イエス・キリストを身にまといなさい」と言っています。過剰包装、過保護と言われるこの時代、神の心尽くし、温もりの込められたキリストの衣一枚に衣替えする時が来ているのではないでしょうか。
Page Topへ

第159号
2015年12月20日
神の道化師  牧師 入 治彦   エフェソの信徒への手紙2:11〜22

 20世紀は科学技術の進歩から明るい未来を予測していたそうですが、戦争の世紀へと暗転していきました。また、21世紀こそ戦争のない時代を願っていたにもかかわらず、あの9・11からアメリカのアフガン侵攻、パキスタン紛争、イラク戦争、シリア内戦と続き、今年は同時テロが起こりました。既に第三次世界大戦が始まっているという識者もいます。世界各地で互いに高い壁を築いて紛争が繰り返されています。
 エフェソの信徒への手紙が書かれた当時も、ユダヤ人と異邦人の間には宗教的な壁があり、お互いに反目し合っていました。異邦人は、神の恵みから外された者としてユダヤ人から軽蔑の対象となり、神殿の中に入ることを禁じられていました。ユダヤ人と異邦人の
違いは、アブラハム、イサク、ヤコブの血筋の者か、
割礼、律法の有無といった所にあり、それが人と人との間に壁をつくっていました。
 「しかし今や、キリスト・イエスにおいて、二つのものが一つとされ、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律尽くめの律法を廃棄され、平和を実現されたのだ」とエフェソ書2章には記されています。
 イエスが十字架にかけられていく場面を読んでいきますと、イエスの受難によって、それまで犬猿の仲であったファリサイ派とサドカイ派とが手を組み、ヘロデ党とファリサイ派が結束し、ユダヤ人とローマ人が手を結んでいったことを知らされます。
 私たちは、月1回聖餐に与っていますが、聖餐式で毎回確認されることは、イエスの体であるパンが裂かれ、血潮なる杯が配餐されることによって、私たちの罪のゆるしと主にある一致を受けることです。これは、神の前に自分たちが、プラスのことを並べて一致するものではなく、むしろ神の前に誇るべきものが何もない、空っぽと告白する者たちが、マイナスを通して、一致するということを意味しています。
 小鳥や狼に説教をしたといわれるアッシジのフランシスコは「神の道化師」と呼ばれましたが、似たような表現で「聖なる愚者」という考え方があります。松竹新喜劇の藤山寛美さんの演じた「阿呆」は、皆筋書きが同じだったと言われています。最初のうちは、舞台の上の人は、彼の演じる主人公を馬鹿にしています。それでも彼は、一生懸命主君や友だち、恋人に仕えます。しかし、最後に彼を笑っていた観客は、実は皆の方が「阿呆」で彼だけが本当の真心をもつ人間ではないかと発見するのです。
 皆賢く自己主張をしていたら、互いに壁を築くでしょうし、この世の中はまとまらず、紛争も絶えないでしょう。だれかが大人になり、「阿呆」にならないと、和解はなく次のステージには進めません。自分より少しだけ他人のことを考える、そのような「聖なる愚者」の心根をもって歩み始めるところから、小さな平和は生まれるものと思います。

Page Topへ

第160号
2016年3月27日
「三度の質問」  牧師  入 治彦  ヨハネによる福音書21:15〜19

 渡辺総一さんの描いた「イエスが岸に」という絵は、ティベリアス湖畔によみがえりのイエスが姿を現された場面が描かれています。イエスが弟子たちを促して舟を出し、網を打つと大漁、その後パンと魚を分ち与えたと伝えられています。それは、弟子たちにとって「あなたは人間をすなどる漁師になる」と言われた召命の時と重なって見えたに違いありません。
 湖畔での食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに向かって尋ねました。「ヨハネの子、シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」ペトロは「主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と答えました。以前のペトロでしたら「はい、わたしは他のだれよりもあなたを愛しています」と答えていたでしょう。ところが、ここでは二度目、三度目の質問に対しても、同じように奥歯に物のはさまったような応答しかしていません。結婚式の誓約のように「約束します」という調子で潔く答えればいいものを、イエスに責任を預けるような答え方しかしていません。
 ペトロは以前「あなたのためなら命を捨てます」と言って、大見得を切っていました。けれども、イエスが裁判にかけられていった時、大祭司カイアファ邸の庭で女中から「あなたもあの人の弟子の一人だった」と言われると、それを否定することしかできませんでした。他の福音書では、ペトロがイエスの弟子であることを三度否んだとより克明にその場面を伝えています。自分の誓った言葉のもろさ、ふがいなさに我が身をかきむしったことでしょう。
 そんな自らの弱さの実態を知ったペトロに、復活のイエスはここで三度にわたって「わたしを愛しているか」と問われたのです。それはイエスの弟子であることを三度否認したことを、三度にわたってゆるし、帳消しにするような言葉でした。イエスは、はじめ全く自己犠牲的な愛する(アガパン)という言葉で問われましたが、途中から友愛を示す愛する(フィレイン)という言葉を使って、ペトロに歩み寄り妥協していかれました。それに対して、ペトロも「わたしがあなたを愛していることはあなたがよくご存じです」と答えの主体を自分からイエスに移し、あなたはすべてをお見通しではないですか、というような答え方をしています。腰の引けた応答であるものの、ここには真実が見えてきます。
 ペトロは、自ら発した言葉につまづき、自分自身の限界を知って、はじめてイエスから託された仕事がありました。それは「わたしの羊を飼いなさい」宣教しなさい、伝道しなさい、ということです。今までどんなにりっぱな信仰告白をしようと託されなかった言葉がこの「羊を飼いなさい」でした。よみがえりの主は、つまづいた者を包み、たじろぐ者をもう一度立ち上がらせてくださいます。わたしたちもまた、自己の真実から神の真実に生き、神の言葉を様々な形で取りつぐ働きが求められています。


Page Topへ


第161号
2016年9月18日
「シャンパングラスの傷」      牧師  入 治彦
 コリントの信徒への手紙U12:7b〜10
   (参考:7bのbは12章7節の2センテンス目からを意味する。)
 
『ソムリエ』というコミカルなドラマで、主人公のソムリエが「シャンパングラスに注がれたシャンパンの泡がきれいに上がるのは、グラスの底に敢えてくぼみのような小さな傷を入れるからだ」と言っていたのを覚えています。また、ネイティブ・アメリカンの人たちは、毛布を織る時にも、陶器を作る時にも、幾何学的な模様の中に1箇所だけズレをつくるといいます。それは、作っている間に入った悪霊が出て行くための出口になるそうです。
 こうしたキズやズレといったマイナスの大切さについて、パウロはトゲといった言葉をもって答えています。パウロの書いたと言われるコリントの第2の手紙ですが、この手紙を書いた頃、彼は1つの悩みをもっていました。それは、最初の訪問によってコリント教会の基礎が造られたのですが、パウロの去った後、自分たちこそまことの教師だと自称する者たちがやって来て、パウロは偽の教師だと吹聴して廻ったからです。彼は、再度そこを訪れて警告を与えていきましたが、人々がそれを受け入れようとしなかったので、涙の手紙を書き起こし、戒め、悔い改めを迫ったといいます。しかし、この問題について、パウロは、自らの力強い知識や経験による説得ではなく、自らの弱さ、トゲをもって答えようとしたのです。
 パウロは、当初ユダヤ教の律法や知識を身につけ、将来を期待された人でしたが、復活の主と出会って、180度の転換をしました。そんなパウロには、何らかの持病がありました。目が悪かったという人もあります。パウロはそのことを自らのトゲと言い、自分からそれを取り去ってくださいと何度も祈りました。しかし、それに対しての神の答えは「わたしの恵みは、あなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」という言葉でした。
 知り合いの宣教師が以前ある雑誌にこんなことを書いていました。「わたしは人間関係をもっと深くするための訓練、ライフダイナミクスを受けた。最初は指導者の指示に従って、相手の人と互いのベストポイント、長所から紹介し合った。その時には、後で互いにこの人は自分には関係ない、つまらない人だと思った。しかし、その後、指示に従って互いの短所を、欠点、弱さを紹介した。自分は小学生4年生を2回した。親指にも障がいがあるといったしんどい告白をしていった。相手も自分の欠点、傷をいろいろと話してきた。すると、大変不思議なことに、相手の人はなかなかいい人だと思えるようになった」と言っていました。
 キリストの恵みも人の強さを通してよりも、むしろ人の弱さを通して入ってきます。その点で、パウロの言うトゲとは、悪霊の出口ではなくて、聖霊の入ってくる空気穴だと言えましょう。この混沌とし殺伐とした現代、強さが謳歌される時代にあって、教会は「弱さこそ聖なるもの」というメッセージを世に発信していければと願っています。

Page Topへ

第162号

「アーモンドの枝が見える」 牧師  入 治彦
エレミヤ書1:4〜13

ミケランジェロが描いた預言者イザヤの肖像は、地上の出来事を鋭いまなざしで見下ろす者として描かれています。それに対して、彼の描いた預言者エレミヤの壁画は、頬杖をついてうつむき加減で物思いに沈んでいるように描かれています。それは、エレミヤの生涯の全体像を端的に表わしているように思えます。
 エレミヤ書1章は、エレミヤの召命の出来事を記した箇所ですが、それは神からの「私はあなたを母の胎内につくる前からあなたを知っていた。母の胎から生まれる前に、私はあなたを聖別し、諸国民の預言者として立てた」という呼びかけで始まっています。それに対する彼の返答は、「ああ!」というためいきでした。「ああ」とは、思いがけない出来事に遭遇した時発する声に他なりません。    
 <私は語る言葉を知りません。まだ青二才に過ぎないのですから>そう言って尻込みするエレミヤを神は、<私がいつも一緒にいるから大丈夫>とインマヌエルを語り口説こうとしましたが、それでも納得しない彼の口に、神自ら手を触れたり、アーモンドの木の枝や煮えたぎっている鍋といった二つの幻を見せては、説得しようとされました。その召命は、イザヤ、エゼキエルがボランティア型だったのに比べると、モーセ同様スカウト型と言えるものです。
 ここでエレミヤに呼びかけた時の最初の言葉「母の胎から生まれる前に、私はあなたを聖別していた」という箇所に着目してみたいと思います。それは「ああ」としか答えようのなかったエレミヤの時と対立しています。自らの知識や経験から判断して不適格と断る人の時に対して、神の圧倒的に長い時というものが対立していることを表わしています。
 「主旋律と装飾音」という本の結びに、重い病を宣告された牧師がこんなことを書いていました。「自分の人生を振り返ると、自分は装飾音符にばかりに力を入れ過ぎて、本来語るべき主旋律をどこかに弾き忘れていたのではないだろうか」と。その話を聞いたご次男が数カ月後の手紙に「たとえ装飾音符といえども、神様が与えてくださったものですから、1音も誤魔化さず、最後まで弾き切ってください」と書き送ってきたそうです。
 私たち一人一人の人生もまた、自らの小さな短い時を超えて、装飾音符も含めて神の与えてくださった長い大きなうねりの時間の中にあるのではないでしょうか。私の時に対して、神の時はあまりに長いのですから。自らの短い時から、神の遥かな時の中に身をゆだねていければと願っています。

Page Topへ


第163号
ペヌエル(神の顔)創世記33:1〜14b
                      京都教会 牧師  入 治彦
 聖書には、兄弟間の仲睦まじいことを詠ったものもあれば、逆に兄弟の赤裸々な対立を描いたものもあります。エサウとヤコブの物語は、後者に属した代表的な話でしょう。この二人の対立は、母親リベカのお腹の中から既に始まっていたからです。弟のヤコブは生まれてくる時、兄エサウのかかと(アケブ)をつかんで生まれてきました。ヤコブがアケブをつかんで生まれたという語呂合わせは、ヤコブの後々の性格を決定づけています。ヤコブという人は、人の足を引っぱる者、そこから人をだます者という意味も出てくるからです。
 ヤコブは、お腹を空かせて狩りから帰って来た兄から、一杯のレンズ豆のスープと引き換えに、長子の権利を奪い取り、父イサクからも特別の祝福をだまし取ってしまいました。この後兄は地団駄踏んで悔しがり、弟を抹殺しようと殺意さえ抱くようになります。家にいることができなくなったヤコブは、母リベカの差し金で、おじラバンの住む東方の土地に向けて、さすらいの旅に出たのです。
 ヤコブはそこで黙々と働き、家族にも財産にも恵まれていきました。けれども、彼に輪をかけてずる賢いおじや妻たちの確執に辟易します。移住してから20年、跡継ぎとなるべきヨセフが誕生したところで、ヤコブは神の命に従い、故郷に帰ろうと決断しました。
 多くの家族、多くの家畜、財産を背負って、ヤボクの川を渡ろうとします。けれども、ここまで辿り着いた時、エサウへの恐怖が再燃、川は兄との断絶を益々深めるように立ちはだかったのです。その夜、橋渡しをしてくれたのは、一人の天使でした。天使はヤコブに挑み、格闘しました。この時、ヤコブは天使をうち負かしたものの、腿のちょうつがいが外されてしまったといいます。これまで人の足を引っ張り続けてきた者が、今度は逆に人から足を引っ張られたといえるでしょう。そして、天使から「お前の名前は、これからは神の民なるイスラエルだ」と命名されました。この地の名前は記念にペヌエル(神の表面)と名付けられました。
 ヤコブは、朝焼けの中に身を起こし、足を引きずりながら、兄に近づきました。そんな彼をエサウは、涙を流して抱きしめてくれたではありませんか。ヤコブは言いました。「兄上のお顔は、私には神の御顔のように見えます。この私を温かく迎えてくださったのですから」神の顔(ぺヌエル)、それは紛れもなく人の顔に映し出された神のゆるしの顔に他なりません。ヤコブの長いさすらいの旅はこのゆるしの顔を求めての旅だったと言えましょう。
 ヨハネの手紙には「いまだかつて神を見た者はいません。私たちが互いに愛し合うならば、神の愛が私たちのうちで全うされているのです」と伝えています。私たちが愛し合う、ゆるし合う所に、その間に神はいまし、神の愛が映し出されてくるのです。互いの顔に神の顔を見ることができるならば、幸いです。 

Page Topへ

第164号
エレミヤの嘆き    エレミヤ書20:7〜18
            京都教会牧師入治彦
 「預言者が敬われないのは、自分の故郷。親戚や家族の間だけである」という言葉があります。エレミヤもまたその点で預言者の典型であったと言えましょう。南ユダでは、アッシリア帝国の強力な支配の下、アッシリア流の礼拝様式をやむなく取り込んでいった結果、多産の神々の礼拝がはびこっていました。その時代に、ヨシヤ王は地方の聖所を廃止して、礼拝を都のエル号レムに集中させる運動を起こしました。エレミヤもまたこの運動に共鳴したのですが、それは郷里アナトトの人々から反感を買い、彼らはエレミヤを脅迫したのです。
 エレミヤは、北からの災い、大いなる破壊を預言し、悔い改めを迫つていきましたが、その預言はすぐには現実のものとはなりませんでした。また、アッシリア帝国はその後衰退し、人々の間では安泰ムードが蔓延していき、エレミヤの預言が外れたように見えると、人々はエレミヤに嘲笑を浴びせ迫害したのです。
 それでは、神のエレミヤへの召し出し、選びとは一体何だったのでしょうか。エレミヤは「私が語る言葉は嘆きしか出てこない」と吐き捨てるように言い、「主の名など二度と口にしたくない」とさえ言っています。エレミヤは、神の言を語るということと、人間として生きるということの板挟みで悩み、その矛盾を背負い続けた預言者でした。「呪われよ、わたしの生まれた日は。母が私を産んだ日は祝福されてはならない」という言葉は、「母の胎から産まれる前に聖別した」という神の言葉に真っ向から楯突く言葉です。
 けれども、もっと辛辣なのは、「主よ、あなたが私を惑わし、私は惑わされてあなたに捕らえられました。あなたの勝ちです。私は一日中笑い者にされ、人が嘲ります」という言葉です。これには、エレミヤが神の胸ぐらにっがみかかり、怒りをぶつけているように見えて、非常な衝撃を覚えました。
 ある信徒の悩みに答えて牧師が書いていた一文を読んだことがあります。「祈れない。祈りが神
へのののしりになってしまう」という質問に答えて「今あなたにできることは、祈れなくても祈り続けることです。神様に自分の思いを爆発させていいのです。泣きたければ泣き、怒りたければ怒ったらいいのです」。そのように答えた牧師自身、自らの暴言と怒りの言葉が尽きた時、「おまえの気持ちはわかったよ。もうわめきもののしりも十分だろう。後にはゆるしと愛だけが残っているのではないか」という声を聞いたそうです。


Page Topへ


Page Topへ

牧師 入 治彦
巻 頭 言

京都教会報