京都教会報(巻頭言)
第125号
神の国の祝宴
マタイによる福音書20:1〜16  
                      牧師 入 治彦
 
ワインの中には、マドンナ(イエスの母マリア)であるとか、ラクリマ・クリスティ(キリストの涙)といった、キリスト教にちなんだ名前のものがあります。秋の夜長、今日はそんなぶどう酒ならぬ、ぶどうの収穫にまつわるイエスのたとえ話に耳を傾けたいと思います。
 ぶどう園の主人は、ぶどうの刈り入れをしてくれる人たちを雇うために、夜明け前に出かけ、1日1デナリオンの約束で労働者をぶどう園に送りました。その後、9時、12時、3時に、そして5時にも労働者を見つけると、ぶどう園に送っています。1時間後、主人は労働者を呼び集めて、1デナリオンの日当を最後に来た者からはじめて、最初に来た者まで順番に払いました。
 これについて、労働者たちの中から抗議の声が挙がったといいます。それは、労働時間と関係なく、均等に1デナリオンが払われたためです。また労働時間の少なかった者から始まって長時間働いた者へという順番で支払われたからです。ラビのたとえ話では、1日中働いた者よりも2時間で多くの仕事をした人に軍配が上がっていました。それならまだ合点がいきます。
 けれども、こちらはそんな能力主義でもなければ、経験の違いでもありませんでした。また、労働量の問題でもなく、報酬といったものを最後の目的としていない世界でした。そうではなくて、問題は主人の招きに応えたかどうか、神の交わりに入ったかどうかということだったのです。そこに日常の発想と神の国の発想の違いを知らされます。
 上田紀行さんという文化人類学者は、「宗教クライシス」という本の中で「人類の歴史は、狩猟の平等社会から農耕のピラミッド社会、そして産業のまわりを敵にしていく競争社会をつくってきてしまった。それによって、自らのまた世界全体の存在感を喪失している」と指摘していました。どれだけ働いたかよりも、その前に「ある」ということを大切にする生き方、また、その交わりに参加すること。
 ぶどう園の主人が、1時間しか働かなかった者からはじめて、3時間、6時間、9時間働いた者へという順番で日当を払っていったのは、仕事がなくて辛かった時間への、その苦しみへの、その存在への深い憐れみだったと言えるのではないでしょうか。君もあなたも来てくれたか、そんな神の国の祝宴に誰でも招かれているのは幸いです。


--------------------------------------
第124号

イースター・オムニバス

     
                  京都教会牧師 入 治彦

パウル・クレーやカンディンスキーといった画家たちの絵画を見ていると、そこに何がしかのリズムを感じることがあります。また何かことがうまく進む時、それはノリといいましょうか、やはりある調子がそこに生まれていることを実感することがあります。もちつきにしても、もちをつく人とこねる人の掛け合い、阿吽の呼吸、リズムが大切です。ワルツの三拍子、マーチの四拍子、子守唄の8分の6拍子など、思いはリズムを伴って表れます。

詩編126編は、捕囚から解き放たれて、故郷に帰っていけることを心から喜んで歌ったものですが、その中には出エジプトのできごとと捕囚からの解放を重ね合わせています。涙と共に種をまく人は、喜びの歌と共に刈り入れる。穂の袋
を背負い、泣きながら出ていった人は、束ねた穂を背負い、喜びの歌を歌いながら帰って来る」。ここをある旧約学者は「種をまく人は行きに行く。また束を携える人は帰るに帰る」という原語の特別のリズムを重んじて訳しました。苦労をして種をまいた人は、必ず豊かな収穫があるのだという強い確信があらわされているのです。当時の人は種をまいた後に水を注ぎ、その後必ず泣いたそうです。雨がたくさん降ってたくさんの実りがあるように。だから、涙の種まきは喜びの始まりとして、その確信のしるしとして、このようなリズムを伴って歌ったのです。

さて、イエスの受難から復活のできごとを読んでいきますと、そこには『3』という数字が数多く出てきているのに気づかされます。イエス御自身の受難の予告が3度、イエスが売り渡されていく時の値段が銀貨30枚。ゲッセマネに連れて行った弟子が3人。そこでの苦渋の祈りが3度。ペトロのイエスとの関係否認が、3回。ゴルゴダの丘に立った十字架が三本。イエスが息を引き取られたのが午後3時。それらは皆、十字架上の死の後、三日後にイエスが復活されたという事柄に集約されていったということが言えましょう。そこでは実際にそれぞれの場で本当に3度だったのか、それとも4度だったのかということよりも、むしろそれを書き綴っていった作者の思いの中にイエスの死はただでは終わらなかった、この受難の死は、三日後の復活を伴っていたのだという信仰告白の確信の深さが刻まれていると思わずにはいられません。


この混沌とした時代にあって、この希望と平和の拍子をいつも肌身に感じていきたいものです。 

日本キリスト教団 京都教会