京都教会報(巻頭言)
BackNumber

第126号 第127号 
第128号
 第129号

日本キリスト教団 京都教会

教会報第126号
「エッサイの切り株から」
イザヤ書11:1〜1
牧師 入 治彦
 この季節にケーキ屋さんに入ると、通常のクリスマスケーキの他、シュトーレンやパネトーネに混じって、切り株の形をしたロールケーキのようなビッシュ・ド・ノエルを見ることがあります。それを見る毎に私は「エッサイの根より生い出たる 預言によりて伝えられし バラは咲きぬ 静かに寒き 冬の夜に」という讃美歌248番、イザヤ書11章を想い出します。
 時はイスラエルが南北に分かれていた時代。アッシリアの侵攻はとどまるところを知らず、南のユダは風前の灯でした。このような時代、人々は有能な指導者を求めますが、ユダにおいてもイスラエル黄金期を築いた「英雄ダビデよ、もう一度」という救い主を待ち望む気運が高まっていきました。
 イザヤの預言にもそんな期待が反映していますが、この預言は「ダビデの株から若枝が育ち」とは言わず、ダビデの父親<エッサイ>の名前を掲げています。ダビデという時には、栄光をたたえる名前でしたが、エッサイを持ち出した時には、そこには軽蔑的な意味合いが込められていました。サウル王がダビデを「エッサイの子」と呼んだ時、それは羊飼いの子に過ぎないという蔑視のニュアンスがあったからです。         
 もう一つは、エッサイの株という時の株とは、林の茂みの中で切り倒された木の切り株で、これは全く絶望的な状況を示すしるしでした。その断面を見る限り、もはや何も生えてくることが望めない切り株だったからです。これはダビデ王朝の根底からの否定をあらわし、その腐敗しきっていたところにメスが入るということでした。
 合わせて言うならば、メシア、救い主があらわれるのは、栄光のダビデ王朝よりむしろ、絶望的な切り株の断面から、さげすまれた目立たないエッサイの子孫から、新しい若枝が出てくるのだということです。
 イエス御自身、宮殿ではなく洞くつのような所に生まれ、エルサレム入城では軍馬ではなくロバにまたがり、黄金の王冠ではなく、いばらの冠をかぶらされ、最後には十字架という玉座で息を引き取られた方でした。であるならば、イエスとはダビデの子と言うよりも、エッサイの子というべきでしょう。それは人を上から支配する方ではなく、神と人に仕えた王として。
 「正義と公平の満ちる国。狼と小羊が共に宿る世界。それを導くのは、小さい子ども」と謳っています。イザヤの見た夢は、エッサイから出、飼葉桶の中に生れ出たイエスによって形となりました。クリスマスとは、私たちの心に平和を届けてくださる、弱さの中に生まれ出たエッサイの子、イエスの誕生日です。その幼な子の無力が、すべての人のかすがいとなるからです。



第127号

「聖なる無駄遣い」
マルコによる福音書14:3〜9

 春めいた便りが聞かれる頃となりましたが、教会の暦では受難節からイースターを迎える季節です。イエスを取り巻く人間模様は、裏切りとねたみが渦巻き、闇の度が深まっています。このような受難の記事の中で、ただ一ケ所だけほの明るく見えるのは、ナルドの香油注ぎの場面ではないでしょうか。
 かつて、イエスによって重い皮膚病を癒されたシモンという人の家で、イエスが食事をしておられた時のことです。突然一人の女性が入って来て、持っている石膏の壷を割って、唐突にもイエスの頭にナルドの香油を注ぎかけたのです。ナルドとは、ヒマラヤ山脈に自生する甘松香の根から採取した香料だったため、当時それはとても高価なものでした。ですから、それを言われ見た人たちから「何と言う無駄遣い」といわれても仕方のないことでした。それがあれば、どれだけたくさんの貧しい人々を助けられるかわからなかったからです。
 ところが、イエスはそのような正論を退けて、レプタ2枚をささげた女性の時と同様「この人はできる限りのことをした」と答えられました。しかし、イエスが評価されたのは、そればかりではありません。本来ならば、葬りの時に塗油するべきものを、この女性によって先に済ませることになったからです。また、香油を頭に注ぐことは「この人はメシア(マーシャハ)」油注がれた者を意味していました。言い換えるならば、この女性は、香油注ぎによって、イエスこそ救い主であることを身をもって表したということに他なりません。
 ペトロもフィリポ・カイザリアで、イエスに向かって「あなたはメシアです」というキリスト告白をしていました。これはりっぱな信仰告白でしたが、不十分な告白でした。十字架理解が欠落していたからです。イエスが、御自身の死と復活について予告しますと、ペトロはそれをなだめ、逆にイエスから叱責されたではありませんか。ペトロの告白にはリスクがかかっていなかったのです。エルサレムでイエスが、十字架に引き渡されていく時には、手も足もでなくなってしまったからです。
 けれども、ベタニアの女性は、一言もイエスは救い主などという告白はせずに、エルサレムに程近い所で、自らの大切な宝をささげながら、心砕いて沈黙によるキリスト告白をしたのです。だからこそここは美しく、このことは世界中で記念されるというのです。もし、ひたむきなこの献身を笑うならば、イエスの十字架そのものを笑うことになるでしょう。イエスの十字架、それも人々には無駄死にと映ったかも知れません。しかし、それは限りない神の愛の無駄遣いでした。泥をかぶって無駄遣いをしてくださった方の恵みに応えて、世に御栄えを大胆にあらわしていければ幸いです。
Page Topへ


第128号

「虹 ( 雨 の 弓 )」

 虹にまつわる歌では、「オズの魔法使い」の「虹を渡って」がよく知られています。また、「虹伝説」というギターのアルバムも買ったことがありました。小鬼のような者たちが、草木から七つの色を集め、それを使って虹をつくるといった伝説をもとにしたものでした。北欧の神話では、虹は神々が行き来する道だと言っています。もちろん、科学的には雨が降った後、水蒸気に太陽の光が当たって反射してできるのが虹です。
 聖書にも有名な虹の話があります。大洪水の後に、空にかかった虹です。ノアが活躍していた頃、人間の悪事はエスカレートしていき、盗みや人殺しが頻繁に起こるようになりました。これをごらんになった神は、心を痛めて「こんな悪事ばかり働いているなら、人間など造らなければよかった」と考え、大洪水を起こし、人間もその他の生き物も皆滅ぼしてしまおうとされました。
 でもその中で、神の前に正しく生きているノアとその家族、また、動物の一つがいづつは、助けてあげようとされたのです。ノアは箱舟をつくり、その舟に羊や牛、豚などの動物を入れて、自分たちも乗り込みました。やがて、大雨が降り始め、40日40夜ひっきりなしに降り続きました。そのうちに地上は大洪水となり、箱舟は水の上を漂っていました。箱舟に乗れなかった者たちは、皆死んでしまいました。150日、水は地上に溢れていましたが、箱舟はアララト山の上に止まったといいます。鳩を放つと、オリーブの葉をくわえて戻ってきましたが、もう一度放つと、もう箱舟には戻ってきませんでした。
 こうして、舟を出たノアたちは、大洪水から助かったことを記念して、感謝のささげものをささげました。動物の犠牲の肉を焼いた煙は、天まで届き、神はその芳しい香りを喜ばれ、言われました。「わたしは雲の中に虹をおく。これは、わたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。雲の中に虹が現れると、わたしはそれを見て、肉なるものとの間に立てた契約に心を留める」と。
 虹というのは、英語ではレインボー(雨の弓)です。弓は戦いの道具。それは神の武器であったけれども、もう地上から遠く高い空に上げられてしまったことを意味しています。ですから、虹とは神の人間に対しての和解のしるしに他なりません。
 私たちも生きている間、果てしもなくあやまちを冒し続けます。まだまだ、人間の罪の大洪水は続き、神の心を痛ませ続けることでしょう。でも、神はその中に和解のしるしとして、
虹を空にかけられます。もう一度やり直そうという希望の架け橋をかけてくださいます。


Page Topへ


第129号



「マリアへの伝言」
ルカによる福音書1:26〜38

 クリスマスにまつわる物語はどれも皆ファンタジーに満ちています。東方の博士達や星や夢に、羊飼いは天使に導かれていきました。また、マグニフィカートといったマリアの歌、グロリアという天使の歌などあげることができますが、そのような歌に混じってアヴェ・マリアの歌をあげることができるでしょう。「アヴェ・マリア・グラティア・プレーナ」は、ルカ福音書の「おめでとう恵まれた方。主が共にいます」からとられたものです。
 受胎告知の場面で、天使はマリアに「マリア、恐れるな。あなたはみごもって男の子を産む。その名をイエスと名づけなさい」と告げました。マリアはこれを聞いてたじろぎました。ヨセフと婚約していたとはいえ、実際の結婚生活に入っていないのに、うら若い乙女が、どうしてみごもるというのでしょうか。当時は公になれば姦淫の罪にも相当し、石打ちの刑にもなりかねない恐れもありました。
 マリアは「どうしてそのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに」と答えます。「どうして」「なぜ」とは聖書においてモーセ、エレミヤ、ヨブをはじめ、多くの人々が語った言葉です。これは自らの力では全く太刀打ちできないような壁にぶちあたって、意気阻喪する時に発する言葉に他なりません。
 それに対して天使は「聖霊があなたにくだり、いと高き方の力があなたを包む。あなたの親類のエリザベトも歳とっているが、男の子をみごもっている。不妊でありながら、早くも6か月となっている」と伝え、最初に語った「主があなたと共にいる」インマヌエルを具体的に保証するのです。あなたの親戚にも常識を逸したことが起こったと言って、マリアを包んでいったからです。
 神から出てきた出来事ならば、必ず神が責任をとってくださる。マリアは「わたしは主のはしためです。お言葉通りこの身になりますように」と答えました。ビートルズの名曲「レット・イット・ビー」は、ここからとられた言葉であり「あなたの言うがままに」「なすがままに」というマリアの全き受容の姿勢が見られるところです。
また、ここで着目したいのはマリアの全く受容の言葉を導き出した「神にできないことは何一つない」という言葉です。私自身お先真っ暗で将来に何も希望がもてなくなって、身も心も凍りつき、腐っていく感覚に襲われていたことがありました。その頃に聞いた説教の言葉に「神様におできにならないことは何もないのですから」という確信に満ちた言葉が私の中に飛び込んできたことがありました。コップの水を飲むにもその気力さえなくなっていた時に、自分の前に立ちふさがっていた壁がスーッと引いて、先が見えるようになったのです。「自分にはできないけれど、神様にはできないことは何もないのだ」そんな単純な言葉が聖書にあるだけでいいと思えました。
 それ以来、フィクションだと思っていた聖書の中の言葉が、絵に描いた餅のようなものではなく、出来事を引き起こすものであると思えるようになりました。聖書のファンタジーな物語は、決してファンタジーだけで終わる束の間の祭りではなくて、そこから新しい出来事が起こる神のファンタジーであると信じられるようになりました。
 <クリスマス・ツリーのアイディアはジックモンド先生:写真は菅恒敏さん撮影>

Page Topへ