BackNumber 1
BackNumber 2

第130号 第131号
第132号 第133号

戻る

第130号

「ヨハネの黙示録黙想」

 右の絵は、ベアトゥス黙示録注解の細密画ですが、上部にシオン山上の小羊が描かれ、その周りにはあらゆる国民、種族、民族、言葉の違う民、下部には、大群衆が白い衣を身につけ、手になつめやしの枝をもち、小羊の前で叫んだ図が描かれています。
 なつめやしとは、別の表現では棕櫚です。棕櫚の日は、イエスがロバに乗ってエレサレムに入城され群衆が上着を脱ぎ、棕櫚の枝を道に敷き詰めて、王の凱旋のように大歓迎したことを記念した日として知られています。その数日後には、群衆は「バラバ・イエスをゆるして、キリスト・イエスを十字架につけよ」というように豹変してしまいました。
 しかし、この黙示録においては、白い衣を着て、棕櫚の枝をもって、小羊を賛美している群衆は、むしろ祝福されるべき存在なのです。白い衣を着た大群衆を見て、24人の長老のうちの一人が、ヨハネに問いかけてきました。「この白い衣を着た者たちは誰か?」ヨハネは、「私の主よ、それはあなたの方が御存じです」そう言うと長老はヨハネに「彼らは大きな苦難を通って来た者で、その衣を小羊の血で洗って白くしたのである」と答えました。
 非常に興味深いところです。小羊の血で洗ったら、衣はふつう真っ赤に染まるはずなのに、白くなったとは常識に反しているではありませんか。確かなことは、天上と地上とでは、通用する規準が正反対だということです。天上での祝福、浄福をあらわす白は、地上での死を意味する赤を通してしか、実現しないということを示しています。言い換えるならば、地上でキリストのために大きな苦しみ、迫害を受けた者は、小羊であるキリストの血によって罪ゆるされ、すべてを克服し、死から命へと移されていくのだということを物語っています。
 キリストに従うとは、この世に身を置きながら、天において示された価値に触れて歩むことに他なりません。この世での競争、支配欲に身をさらしながらも、それとは全く別の価値があることを示されながら、キリストのために労苦することが求められています。クラーク博士は「少年よ、大志を抱け」という言葉を残しました。けれども本来は「キリストにあって」という言葉が入っていたといいます。「キリストにあって」がつく時、世に仕えていくという意味をもってきます。それは黒子になって周囲を生かしていく生き方ではないでしょうか。















シオン山上の小羊(ベアトゥス黙示録写本)
Page Topへ



第131号

「平和の幻(ヴォーリスの石塀)」

 イザヤ書2章には、終末の平和の幻が描かれています。「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない」。第二次大戦中、戦闘機をつくるにも鉄がなく、家の中の鉄製のものは皆没収されて、軍事用に使われました。けれども、イザヤの見た幻では、剣が鋤に変えられ、槍は鎌に打ち変えられるというのです。
 それでは、無力に見える鋤や鎌がどうして平和のイメージとして使われたのでしょうか。そもそも鋤とは、畑を耕すために使われるものです。耕すとは、ヘブライ語では、アーバードといいます。それは耕すばかりではなく、仕えることをも意味しています。支配し何かを造り出すのではなく、仕えることで何かを造り出すことを示しています。
 また「主の教えはシオンから、御言葉はエルサレムから出る」、「主の神殿の山は、山々の頭として堅く立ち、どの峰よりも高くそびえる」と伝えられています。当時の地中海世界の大国と言えば、東のアッシリア、西のエジプトでした。そのアッシリアから南ユダ近隣の国々は、属州とされ組み込まれていきました。南ユダも風前のともしびでした。
 にもかかわらず、イザヤの見た幻は、世界の中心はアッシリアでもなければ、エジプトでもない、政治的、軍事的には最も低いレベルのユダこそ、どの峰よりも高くそびえる、エルサレムこそ世界の中心だと言うのです。
 ウィリアム・メレル・ヴォーリスさんは、アメリカから琵琶湖畔に移り住んで来た頃、正直何という田舎に来てしまったかと思ったそうですが、ある時から琵琶湖を「世界のへそ」に見立て、キリスト教をバックボーンにした数々の事業を展開し、地域に奉仕していきました。その名残りが京都教会にも残るヴォーリスさん設計の石塀です。
 イザヤは、エルサレムこそ鋤をもって人の心を耕し、隣人に仕えていくことの中心であると語って平和のイメージを伝えました。イスラエル軍によるレバノン空爆の報を聞く時、現実は全く嘆かわしいものがありますが、武力による力が造り出す平和ではなく、鋤によって人の心が耕され、柔らかな心によって平和が造り出されることを願っています。


       現在も出入口南側に残る「ヴォーリスの石塀」

       
         「石塀」に刻まれた鍵
Page Topへ

第132号
「飼葉桶と十字架」
ルカによる福音書2:1〜7

 クリスマスの日は、冬至の祭りに合わせて定められました。寒さはこれからますます厳しくなるけれども、闇は底をついて明るさが春を先取りするように増していく、その時に世の光として来られた方の誕生を祝うのです。
 ルカによる福音書2章の冒頭には、非常に歴史的な事柄が記されています。「その頃、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。これはキリニウスがシリア州の総督であった時に行われた最初の住民登録である。人々は皆、登録をするためにおのおの自分の町へ旅立った」と。ルカは、イエスを世界的な視野に立って描き、ローマが、自らの勢力がどこまで及んでいるか確認するために人口調査を企てたことが伝えられています。神の子、救い主とも呼ばれたアウグストゥスの一声で、民族の大移動が起こり、多くの人が故郷に登録するために、何十キロ、何百キロと歩かされました。
 けれども、ルカは一方でこの画面の隅に、歴史の影ともいうべきもう一つ小さなできごとを入れて描いています。「ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレからユダヤのべツレへムというダビデの町へ上って行った。身ごもっていた、いいなづけのマリアと一緒に登録するためである。」アウグストゥスの一声によって、ガリラヤのナザレからべツレへムまで120キロを身重の身をおして故郷へ登録に帰った夫婦がいたと。
 「ところが、彼らがべツレへムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。」飼葉桶、それは人間の住む所に居場所なく、閉め出された乳飲み子の誕生を示しています。そこには青筋だった大人をやさしく包み込むような笑顔がありました。こちらも後に救い主、神の子と呼ばれた人でした。
 宿屋(カタルーマ)とは、ルカ福音書では他に最後の晩餐をする所として用意された部屋のことでもあります。イエスの生涯は「人の子には枕する所もない」といったものでしたが、イエスが最後に少しばかり腰を落ち着けたのは、死の十字架にかかる前に過ごされた二階の部屋だけでした。しかし、そこにも泊まるいとまなく、十字架に引き渡されていったのです。
 であるならば、余地なく寝かされた誕生の飼葉桶も、受難の十字架も相通じていると言えるでしょう。人は神に真実に生きようとすれば、この世界から締め出しを喰らうこともあります。しかし、その時こそすべての苦しみや悩みをなめつくされたイエスが共にいてくださることを知らされます。「神は余白に宿る」飼葉桶も、私たちの余白であり、孤独のしるしです。クリスマスはそんな貧しい心の飼葉桶に主をお迎えする日です。


Page Topへ

第133号

「エマオへの旅人」
ルカによる福音書24:13〜32

「日くれて四方はくらく わがたまはいとさびし、よるべなき身のたよる主よ、ともに宿りませ」たそがれ時、エルサレムからエマオという村へ向かって歩いていた二人組がいました。その二人の後を追うようにして、一人の旅人が話に加わり、「その話は何のことですか」と尋ねたといいます。「エルサレムに滞在しながら、起こったことを知らなかったのですか。ナザレのイエスのことです。あの方は、祭司長、議員たちの手によって十字架にかけられましたが、その三日後女性たちが墓に行ってみると、墓は空で天使が『イエスは生きておられる』と告げたといいます」−尋ねた旅人は、イエスでした。
 ルオーの描いたこの場面の絵(秋の終りU)は印象的です。夕暮れ時、エマオに続く道に三人の人物をこけしが三体並んでいるようにも見えます。三人とも顔が不鮮明ですが、彼らと同じ道を行く同伴者としてのイエスの様子が伝わってくるではありませんか。けれども、彼らが旅人をイエスだとわからなかったのは二人の目がさえぎられていたからだとルカは伝えています。彼らのまなこをおおっていたのは、失望でした。エマオへの道とは、あの十字架のできごとがあったエルサレムから逃げるようにして歩いた道でした。
 物わかりが悪く心がにぶい者たちに向かって、イエスはモーセや預言者たちからはじめて、聖書全体に記してあることを説き明かしました。また、彼らと一緒に食卓についた時、イエスが賛美の祈りをとなえ、パンを裂いていった時、彼らの目からうろこが落ちたのです。
 弟子たちが二人だけで回想のイエスについて語り合っていた時、互いの心の痛みは交換できても、それは傷のなめ合いに終わっていました。しかし今や、イエス御自身による聖書の説き明かしと晩餐に与った時、心がうちに燃え彼らの目が開かれたのです。うなだれた頭を上げ、今までとは逆のエルサレムに喜んで走っていったといいます。
 復活についてあれこれと論じることはできます。けれども、ルカが教えていることは、説き明かしと晩餐を通じて、失意の心に新しい炎が燃えたという事実でした。それは暗闇を照らす光となって、失意の道、エマオへの道から、希望の道エルサレムへと方向転換を促していったのです。
 さらにそのようなイエスに気づこうが気づきまいが、イエスは死の殻を破って、私たちと二人三脚で歩んでくださっています。私たちの苦しみも悩みもすべてなめつくされて、人生の同伴者としていつも歩んでいてくださっているのです。最早墓の中に閉じ込められることなく、今も尚生きて働かれる主の復活を、この時深く味わっていきたいものです。

Page Topへ
牧師 入 治彦
巻 頭 言

京都教会報