日本キリスト教団京都教会

Backnumber 1  Backnumber 2
Backnumber 3

第134号  第135号 第136号
第137号  第138号  第139号 
第140号   第141号  第142号
第143号
戻る

第134号
「一杯のカップチーノから」

カップチーノというミルクコーヒーがあります。イタリアで生まれ、スターバックスのようなシアトル系コーヒー店で、一般的にもよく知られるようになりました。エスプレッソコーヒーに抹茶のように泡立てたミルクを注いで飲むコーヒーです。あのカップチーノとは、もともとカトリックの修道会、カプチン派のフードのついた僧服の色がうす茶色だったので、そこからとられた名前です。
 私は10年程前、シチリアのパレルモにあるカプチン派のカタコンベを訪れたことがありました。その地下埋葬所には、17世紀から19世紀までの約8000体のミイラが晴れ着をまとい、左右200メートルはある所に2段になって、保存されていました。壁という壁が皆骸骨に近いようなミイラなのです。その中にあって、幼女ロザリアのミイラは、2才位のかわいらしい女の子で、まるで生きて眠っているかのような姿でした。どうしてこのようなお墓をつくったのか、不思議にも思えますが、それは人間最後は皆死すべきものなのだということを視覚に訴えて伝えるためだと聞きました。
 中世のキリスト教会は、日常のあいさつを<メメント・モリ>(汝の死をおぼえよ)と、日本的感覚からすると縁起でもない言葉をもって使ったり、終末について、<デ・ノヴィッスィマ>(最も新しいこと)という言葉をもってあらわしていたといいます。デ・ノヴィッスィマ、それは終わりともいうべき所に最も新しいことを見る見方を示している言葉です。
 イザヤ書42:10には「新しい歌を主に向かって歌え。地の果てから主の栄誉を歌え」とあります。<新しい歌を歌え>には<地の果てから>が対のようになって登場するのです。言い換えるならば、新しい歌とは、何々と比較してより新しいことというよりも、むしろ地の果てから賛美する歌であることが示されています。そこから、終わりと見える中にこそ、実は最も新しいことが秘められていることを知り、神の豊かな恵みを深みで味わっていきたいものです。
 ちなみに私の夏の定番は、冷たいバニラアイスクリームに熱いエスプレッソコーヒーを注いで食べるアッフォガート(コーヒーに溺れたという意味)です。一度お試しあれ。

Page Topへ


第135号
影の歴史を負って
マタイによる福音書1:1〜17  

マタイによる福音書の冒頭は、イエスの系図で始まっていますが、それは「アブラハムはイサクをもうけ、イサクはヤコブを、ヤコブはユダとその兄弟たちを、ユダはタマルによってペレツとゼラを、ぺレツはヘツロンを」といった調子で17節にわたって舌をかみそうな名前が延々と続いています。ここにはアブラハムからイエス誕生に至る42代の人物の名前が記され、イスラエルが繁栄していく時代の14代、衰退期の14代、暗黒の14代に分けることができます。
 実はこの14代という数字が興味深い意味をもっています。14は、7という完全数の倍数であり、分解すれば4+6+4という数字にもなり、それはヘブル語のDVDでダビデを表しているということがわかります。ですからこの数字は、イエスという方が、ダビデの末裔なのだと詠っていると云って過言ではありません。イエスの系図とはイスラエルが最も栄えた時の王の系譜をもつ歴史の流れの中にあるということができるでしょう。
 ところが、この壮大なシンフォニーともいうべき長い歴史も一皮むきますと、そこには苦難のトーンも聞こえてきます。この系図は、当時系図には通常名前すら掲載されなかった女性たちの名前も伝えられています。民族の純潔を重んじたイスラエルの伝統からすれば、影の方に追いやられてきた異邦人、遊女、不倫をおかした人たちの名前もそのまま載せてあります。タマル、ラハブ、ウリヤの妻等々。そこには一見栄光の系図と見せながら、人間の辛い影のような部分も載せています。
 さらにもう一枚ベールをはがしてみると、6節には「エッサイはダビデ王をもうけた。ダビデはウリヤの妻によってソロモンをもうけ」と短く書かれています。バト・シェバというれっきとした名前がありながら、ウリヤの妻といった書き方をしています。どうしてウリヤの妻といった表現を使ったのか。それは、ダビデが彼女の夫カナン人のウリヤを戦争の最前線に故意に送り込み、討ち死にさせるという卑怯な手を使って、我がものとしたからです。それは英雄ダビデにとって、弁慶の泣きどころともなりました。ですから、敢えて名前を伏せて、ダビデの罪の方を告発しているのです。ここにはまた暴虐な王たちの名前も載っています。であるならば、これは英雄列伝というよりも罪人列伝と言えるものです。イエスは、そんな影の歴史、人に言えないような罪にまみれた歴史を背負って世に、お生まれになったのです。
 「明日に架ける橋」で知られるサイモンとガーファンクルが歌っている「きよしこの夜」には、バックにベトナム戦争、黒人差別問題、麻薬中毒、殺人事件を生々しく伝えるラジオのニュースが流れていました。それはあたかも1960年代のアメリカの闇の現実のただ中にこそ、イエスが誕生したことを物語っているようでした。この2000年代においても、同じように、暗闇の中にすべての苦しみをなめつくされたイエスが、光となって生まれてくださるのです。


Page Topへ

第136号
イエスのまなざし
ルカによる福音書22:54〜62

 人間誰しも一生の間、肝を冷やすような経験を数回はしたことがあろうかと思います。大言壮語して後で恥をかく、いざという時の自分を知らないのが現実です。最後の晩餐の席上、イエスは弟子たちに「あなた方のうちの一人が私を裏切ろうとしている」と予告されました。弟子たちは皆不安になって故意に裏切るユダ以外の者も「主よ、まさか私では?」と問い返していきました。自分のことは自分が一番知っていると思いながら、自分の実像を知らないのです。
 ペトロは、イエスが苦しみにあわれ、あなたたちも試練を迎え、一度は崩れるであろうと予告された時も、一番弟子らしく「主よ、ご一緒なら、牢に入っても、死んでもよいと覚悟しております」とりっぱな誓いを立てました。にもかかわらず、弟子ユダの裏切りによって、イエスが捕われの身となりますと、大見えを切ったその口は貝のように堅く閉ざしてしまったのです。イエスが大祭司カヤパの家に連れて行かれますとペトロは遠く離れて従った」とあります。大胆不敵な発言をしたペトロは、屋敷の中庭で火を焚いて座っていた暗闇の中にわが身を隠そうとしていました。けれども、赤々と燃えるたき火の映し出すペトロの顔を人々は見逃さなかったのです。
 ある女中は、たき火に照らされたペトロの姿を見つめ「この人も一緒にいました」とうしろ指を指しました。しばらくして他の人がペトロを見て「おまえもあの連中の仲間だ」と言いました。また、別の人までが「たしかにこの人も一緒だった。ガリラヤの者だから」と。度重なる三度の冷ややかな視線と指摘に「私はあの人を知らない」と三度にわたってイエスとの関係を否定してしまったのです。三度の受難予告、ゲツセマネでの三度の祈り、三本の十字架、息を引き取られた午後3時、それらは十字架と復活を暗示しています。
 三度目に否定した時の様子をルカはこう伝えています。「突然にわとりが鳴いた。主は振り向いて、ペトロを見つめられた。」今明かされる人間の言葉の愚かさ、白々しさ、情けなさ。暗闇にひたすら身を隠してきた正体そのものが露にされる時が来たのです。三人の凍り付いた疑惑のまなざしによって、針のむしろに座らされたペトロは、この時振り向いて見つめられたイエスのまなざしに包まれたのです。「振り向いて見つめられた」とは、ルカ福音書に5回登場する特別な言い回しです。イエスに香油を塗った女性の方を振り向いた時同様、いずれもあわれみをかけ、再出発を促す時の描写に他なりません。
 図像学の学者若桑みどりさんは、レンブラントのペトロの改悛について、こう語っています。「レンブラントは、画面右手後方に、尋問を終わって刑場に引かれていくイエスをかすかに描いている。イエスは後ろ手に縛られたまま、一瞬にすれ違う二人の姿に、主題の核心が暗示される。死に渡されていくイエスと、恐怖に勝てなかった人間の弱さ。だが、栄光と権威に包まれたペトロではなく、人間的な弱さをもって誰よりも熱心な伝道者となった人間像に、近代的キリスト教の図像がある」と。
  ああ主のひとみ まなざしよ 三たびわが主を 否みたる 
  弱きペトロを  かえりみて ゆるすはたれぞ 主ならずや
                 (讃美歌21−197) 

Page Topへ

第137号

ラクリマ・クリスティをめぐって

  ラクリマ・クリスティのラベル

 かつて「ソムリエ」というテレビドラマがありました。スマップの稲垣吾郎扮する主人公は、ワインの専門家で、事件が起こるとすべてワインにまつわる物語を用いて解決するといった楽しく興味深いものでした。
 先日教会の若樹会例会で、キリスト教に関連したワインを4本並べてメッセージを語ってほしいと頼まれました。テーブルに並んでいたのは、マドンナ(ドイツ)、ニコデミ(イタリア)、トウェルヴ・アポステルズ(スペイン)、ラクリマ・クリスティ(イタリア)といったワインでした。ソムリエのようにはいきませんでしたが、短い奨励をいたしました。しかし、後でラクリマ・クリスティについては、インターネットで検索してみると、特別な伝説があったので紹介しておきたいと思います。
 「天国から追放された大天使サタンは、天国の土地の一部を持ち去り逃げ出した。途中盗んだ土地を落としてしまい、その場所にナポリの街ができた。しかし、人々の悪徳を見たキリストは、天上で心を痛め、悲しさのあまり涙を流した。その涙のこぼれ落ちた所からぶどうの木が生えてきて、ラクリマ・クリスティというワインが生まれた」なるほどというような伝説です。
 ラクリマ・クリスティは、文字通りキリストの涙をあらわしていますが、ラクリマというと、私は小学生の頃よく聞いたボビー・ソロのカンツォーネ、<ダ ウナ ラクリマ スル ヴィーゾ>とはじまる「ほほにかかる涙」や大学生の頃に歌ったモーツァルトのレクイエム「ラクリモーサ」(涙の日)を想い出します。
 でも、ここで触れておかなければならないのは、ヨハネ福音書に出てくるラザロの死と復活の記事です。そこにはイエスが愛していたラザロの亡きがらを見て、「イエスは涙を流された」(Jesus wept.)という聖書の中でも非常に短いセンテンスがあるからです。福音書は、この直後にイエスが「ラザロよ出て来なさい」と命じると、死んで4日も経っているあのラザロが手と足を布にまかれたまま墓から出て来たと伝えています。ラザロをよみがえらすことができるイエスであれば、必ずしも泣くことはありません。
 しかし、自らよみがえられる方であり、ラザロをよみがえらせる方が、その前に涙をこぼしたことには深い意味があります。そこには理屈ではない、あなたを愛していると口で言うのではなく、愛する人の現実に同情、同感になること。あのサマリアの女に向かって命の水を与えると言われたイエスが、十字架上で体をひからびせながら「われ渇く」と言われた受肉のイエスの姿がここにあります。すべての悩みや苦しみをなめつくされたイエスが私たちと同じ地平に立っておられるという現実が「イエスは涙を流された」というワンフレーズに凝縮されているからです。


Page Topへ

第138号

神様の分
    マタイによる福音書1:18〜25   



奇跡の丘(パゾリーニ)より

 ファミコンのゲームに迷路があって、その真ん中に十字架のついた教会の絵があるものを見たことがあります。実際昔の教会や修道院の庭には、迷路の庭園をつくっていた所もありました。迷い悩むということに深い意味を見い出していたのでしょう。聖書を読んでいてああでもない、こうでもないと思い巡らすことは誰でも経験していることだと思います。
 クリスマス物語の中にも、イエスの誕生に際して、いろいろと思い悩んだ人たちがいました。ザカリア、へロデも、しかし、誰よりも悩み、思い巡らしたのは、ヨセフとマリアでしょう。「母マリアはヨセフと婚約していたが二人が一緒になる前に、聖霊によってみごもっていることが明らかになった。夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことが表ざたになるのを望まず、ひそかに縁を切ろうとした。」当時ユダヤでは婚約期間は1年間とされていました。そんな時に最愛のマリアが関係もないのに、みごもってしまいました。
 これは当時のユダヤでは一大事でした。よその男と交渉をもった姦淫罪に問われ、石打ちの刑に服さなくてはならない。しかし、それはいくら律法的に正しいヨセフといえども、彼の愛情がゆるさない。かと言ってお腹の子を認知してよその男の子を育てることは、彼の正義がゆるさない。その板挟みで彼は悩んだのです。そして、律法を裏切らず、しかも彼女をさらしものにしないで済む、離縁という唯一の考えに至ったのです。ところが、マリアの顔には一点の曇りも見えず、彼は自分の考えは根本的に誤っていたのではないかと自分を責めました。
 それに対する解答は夢の中で与えられました。天使が「彼女の懐妊は、聖霊による。その子は民を救う者となるのだから、心配しないで彼女をあなたのそばに受け入れなさい」と勧めたのです。そのマリアを受け入れた時、二人の間に生まれたのがインマヌエルでした。神、我らと共にいます。それは神がナザレのイエスとなって、私たちの体験するであろう労苦や挫折、その苦しみも喜びもすべて、なめつくしていてくださっているということに他なりません。誰にも言えないことも神はお見通しであり、わかっていてくださる。そこにインマヌエルの主が共におられるのです。
 ハンガリーや東欧には、クリスマスのしきたりに「神様の分」というのがあるそうです。クリスマスのケーキを切り分ける時に、そこにいる人数分、プラス一人分を切り分けるのです。「それはだれの分か?」と聞かれれば「それは神様の分だ」と答えるのです。また、予期しないお客さんがやってきた時にも、神様の分を分けることができます。インマヌエルの主は、このように見えない客となって、いつも私たちと共にいてくださるからです。


第139号
大魚の腹の中で
   ヨナ書 2:1〜11 

 魚はキリスト教にとって特別な意味をもつシンボルです。5つのパンと2匹の魚で五千人にイエスが給食された話や沖で漁をすると、大漁だった話は新約聖書の中でよく知られています。旧約聖書の方では大魚に呑み込まれたヨナの話をあげることができるしょう。これは、鯨に呑み込まれたゼペットじいさんが登場するピノキオの話にも影響を与えています。
 ヨナ書のヨナとは、もともと鳩を意味するそうですが、これは近隣の国々から見たユダヤ人のあだなでした。ヨナに代表される当時のユダヤ人たちは、自分たちこそが神から特別に選ばれた民と思い、他民族をさげすんでいました。けれども、この書は、神の救いはユダヤ人だけに限定されず、神は愛をもって全世界を支配される方であることを教えています。
 さて、この所では、「ニネべに行って、悔い改めを説いてこい」と神から命じられたヨナが、それにおじけづき、逆方向のタルシシ行きの船に逃れて乗り込んだところ、嵐に遭遇していることが記されています。私は小学生の時にこの劇で船頭さんを演じたのでよく覚えています。嵐の原因が自分にあることを知ったヨナは「自分を海の中に放り込んでください」と申し出、海の中に投げ込まれてしまいました。ところが、運良く海の底で鯨とおぼしき大魚に呑み込まれて三日三晩大魚の腹の中にいたのです。
 実際、フォークランド諸島で、一人の水夫が捕鯨をしていた時にあやまって捕鯨ボートから海に落とされ、たまたまその時、もりの当たったマッコウクジラに呑み込まれてしまうという事件が起きました。この人は36時間後に母船に引き上げられ、クジラの腹から救出されたそうですが、ここで着目したいのは、大魚の意味の方です。ヨナの祈りの方では、大魚とは、地下の世界、陰府、穴と考えられ、死に匹敵する暗黒であり窒息するようなどん底、立ちふさがる壁といえます。けれども、大魚とはまた一方で、ヨナを抱き、養い、ゆるすグレートマザーとして、心の傷をいやし、再生、新生の活力を与えてくれる両義的な存在でもありました。ただ神の差し向けた大魚は、神に命じられて、ヨナを陸地に吐き出したのです。
 イエスは、この話を取り上げて、「ヨナが三日三晩、大魚の腹にいたように、人の子も三日三晩地の中にいることになる」と言われ、大魚の三日三晩を十字架と復活をあらわす意味へと深めていかれたのです。ゲルハルト・リートケという学者は、『生態学的破局とキリスト教』という本の中で、こんなことを言っています。「魚の腹とは、墓として理解できるが、それは恵みなき終末へと我々が閉じ込められるということだけでなく、救助のはじまりでもある。それはヨナに起こったように、我々にも起こるという希望がある」と記していました。
 現代世界はいろいろな面で行き詰まった状況を来していることを思わされることがあります。また、あきらめムードがまん延しているように見えることもあります。けれども、すべての事柄の中に神からの希望のメッセージが隠されていることを信じて、それを読み取っていくことができればと願っています。

Page Topへ

第140号
バシリスク(イエス・キリスト・トカゲ)
  マタイによる福音書14:22〜33

 時々「テレビもやるな」と思うことがあります。夕食前、衛星放送をたまたま見ておりましたら、バシリスクという耳慣れないトカゲの興味深い生態を紹介していました。一時襟巻きトカゲなるものがそのおもしろい格好で一大ブームを巻き起こしたことがありましたが、キャラクターから言えば、こちらのトカゲも襟巻きトカゲに負けず劣らずではないかと思います。
 このバシリスク、イグアナ科のトカゲで、バシリスクという名前は、息や眼光で人を殺したと言われるギリシャ神話の怪獣バシリスクに由来するようです。
 このトカゲ、なんと水の上をガニ股で両足を車輪のように廻しながら、チャチャチャッと水しぶきをあげて走っていくのです。このトカゲの正式な名前はバシリスクですが、英語では別名ジーザス・クライスト・リザード、日本名がイエス・キリスト・トカゲだそうです。文字通り、イエスが湖上を歩かれたことになぞらえてつけられた名前でした。右上に写真を載せていただきましたが、パソコンをお持ちの方はYOU TUBEでごらんになってください。その走りっぷりを見ていたら、漫画のようで笑ってしまいます。
 イエスは、弟子たちを訓練するために、強いて舟に乗せ、弟子たちだけでガリラヤ湖の向こう岸へ行かせようとされました。舟が沖まで行った時、逆風のために波に悩まされていたといいます。暗闇の中で、水上を歩いてくるイエスを見て、弟子たちは幽霊と見誤ってしまいました。逆風、暗闇によって、弟子たちがいかに恐怖と不安に襲われていたか想像できます。
 しかし、イエスと気づいたペトロは、自分も水の上を歩こうとして、水の上に立ちました。イエスを見つめていた時には歩めましたが、再び吹き荒れてきた強い風に気をとられた途端、水中に沈んでしまいました。疑うとは、心が二つに分かれるという意味がありますが、マタイ福音書が記された当時、教会は外からは律法主義の圧迫、内には熱狂主義の嵐が吹き荒れていました。その中にあって、ただイエスに集中していく時、カオス(混沌)の海に道ができるのだと示されたことでしょう。
 「あなたの道は海の中にあり、あなたの通られる道は大水の中にあり、あなたの踏み行かれる跡を知る者はいない」(詩編77:20) 


Page Topへ
第141

ザカリアの歌
ルカによる福音書1:67〜80
京都教会 牧師  入 治 彦

 クリスマスにまつわる聖書の記事の中には、多くの歌を見ることができます。マニフィカートやグロリア、ヌンク・ディミトゥス、そして、ベネディクトゥス・ドミヌス・デウスと呼ばれるザカリアの歌があります。 
 ザカリアの歌とは、イエス登場の道備えをした洗礼者ヨハネの誕生に際して、父ザカリアが歌った歌です。祭司ザカリアは、神殿でおつとめをしていた時、天使から妻のエリザベトがみごもるというメッセージを聞きました。「不妊の夫婦」と云われた者に男子の出産があるという天使からの伝言でした。この知らせを聞いたザカリアは当然のように疑ってかかり、その時から彼は、妻の出産まで、全く口が利けなくなってしまいました。
 やがて、エリザベトは、男の子を授かりますが、もの言えぬ父親をよそに、親類縁者は父親の名前からザカリアにしようといたしました。ところが、その時ザカリアは、天使から聞いた名前を忘れずに自ら筆をとり、「この子の名前はヨハネ」と書くとそのザカリアの口が再び開かれ、堰を切ったように賛美の歌が流れ出したではありませんか。
 「ほめたたえよ、イスラエルの神である主を。主はその民を訪れて解放し、我らの救いの角を僕ダビデの家から起こされた。昔から聖なる預言者の口を通して語られた通りに。それは我らの敵、すべて我らを憎む者の手からの救い。主は我らの先祖をあわれみ、その契約を覚えていてくださる」
 この歌は、<旧約の約束>、<先駆者ヨハネ>、<イエス>という三つの事柄を詠っていると考えられてきました。しかし、今回この歌には『集中構造』があることに気づかされました。この個所の最初の聖句と最後の聖句、二番目の聖句と、後から二番目の聖句に共通の言葉や内容が見られるという幾重もの枠があるのです。それは、文章化される前の口伝承の時の名残りで、暗記しやすい形にまとめられていったものです。そして、その枠の中央に中心的なメッセージを聞き取ることができます。
 その中心は「憐れみ」です。憐れみとは母親の胎であり、それは自分の肉体まで痛みをおぼえるような共感と共苦、断腸の想いと相通じるものがあります。そんな憐れみから罪の赦しが生まれます。その神の憐れみの心によって「あけぼのの光が我らを訪れ、暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、我らを平和の道に導く」のです。
 本来クリスマスツリーの赤い玉は、りんごや洋梨であり、禁断の木の実、人間の罪を表していました。イルミネーションは、ロウソクであり、世の光、罪を照らすキリストの光を表していました。闇の夜に輝く光を見つめつつ、この季節、主の大いなる憐れみに想いを馳せたいと願っています。 

ザカリアへのお告げ (フォッグ美術館)


Page Topへ
第142号

呪われた王
イザヤ書52:13〜53:5
    京都教会 牧師 入 治 彦

 「見よ、主の手が短くて救い得ない」という言葉は、バビロン捕囚という憂き目にあったイスラエルの人々の神に対する疑念の言葉です。彼らは、捕囚という災難をヤハウェの神がバビロニアの神マルドゥクに負けた結果というふうに受け取っていました。しかし、第2イザヤの預言通り、キュロス王に率いられたペルシャがバビロニアを圧倒し、イスラエルの人々が60年間の捕囚から解放されますと、イスラエルの人々には、挫折感から一気に常勝気運が高まっていきました。
 キュロス万歳、ヤハウェ万歳といった歓声の中で、イザヤはただ一人皆とは違うところを見つめていました。イザヤは喧噪の中で、これまで自分がキュロスを受膏者(救い主)と見て来たことがまちがっていたことを大胆に言い表していったのです。そこで詠われたのが、苦難のしもべの歌でした。彼は、救い主をキュロスに見て来たことを撤回し、イスラエルを真に回復する者は、苦難のしもべ以外の何者でもないと詠ったのです。
 「見るべき面影はなく、輝かしい風格も好ましい容姿もない。彼は軽蔑され、人々に見捨てられ、多くの痛みを負い、病を知っている」それは栄光に満ちたキュロスとは全く異なっていました。因果応報的に言うならば、しもべがこんなにみじめなのは、この人の犯した罪に天から罰がくだったのだ、彼の病は自業自得だと受け取るでしょう。
 ところが、イザヤは、<しもべが苦しみを受けているのは、自業自得や神の罰の結果などではなく、実は彼のことを嘲笑しているこちら側の罪を背負ったが故の、哀れな姿なのだ>と言い、通常の因果応報を覆しているではありませんか。
 「彼が担ったのは、私たちの病、彼が負ったのは、私たちの痛みであったのに」の<担う>は、「われ山に向かいて目を上げる」の上げると同じ言葉(ナーサー)であり、「見よ、私のしもべは栄える。はるかに高く挙げられ」の挙げられる(ニッサー;受身形)とも同じ言葉なのです。
 であるならば、しもべが高く挙げられるということの内実は、しもべが人の病を担った、背負ったからだということが言えるでしょう。彼が栄えるのは、彼が裏切られてもゆるし、愛されなくても愛し抜き、徹頭徹尾人の苦しみや弱さを担ったからに他なりません。それは聖なる愚かさと言えるでしょう。
 ルオーは、「呪われた王」という作品を残しています。それはイエスを、祝福される王ではなく呪われた王として描き、黒目がちで長い鼻が特徴であり、人の重荷を背負うロバを彷彿とさせるものです。聖なる愚かさに徹していかれた主イエス・キリストの十字架の意義を深みで味わいながら、私たちもまた、ロバの歩みを通してみ栄えをあらわしていければと願っています。

呪われた王 (ジョルジュ・ルオー)


Page Topへ
第143号

ゲラサの悪霊憑き
マルコによる福音書5:1〜20
    京都教会 牧師  入 治 彦

 聖書には、アザゼルの山羊という考え方があります。二匹の山羊のうちくじを引いて一匹は贖罪の犠牲に、一匹はイスラエルの背きと罪とを告白し、荒れ野のアザゼルという魔物の餌食にするという話です。ここからスケープゴート(身代わりの山羊)といった言葉も生まれてきたと思います。
 ゲラサの悪霊憑きの場合も、アザゼルの様相を呈した人の話に見えてきます。イエスが舟から上がるとすぐに、汚れた霊に取り憑かれた人が出てきました。この人は、墓場を住処とし、鎖をつけても引きちぎり、足かせを砕くので、誰も彼をつないでおくことはできなかったといいます。
 イエスは近づいて来たその人に向かって、名前を尋ねました。「名は何というのか?」名を問うことはその本質を問うことです。彼は「名はレギオン。大勢だから」と言いました。レギオンとは、ローマ帝国三隊の百人騎兵隊の三百と歩兵三千からなる大軍団で、五千から六千の軍団となったこともありました。そのおびただしい数の戦死した兵士たちの亡霊の群れ、多数、混沌カオスに名を問うことでその正体を明らかにしたのです。
 そんなイエスの言葉にいたたまれなくなった悪霊は、山で飼われていた豚の大群に乗り移り、大群二千頭は崖からなだれを打って駆け下り、湖に落ちて死んでしまいました。悪霊、それは人の内側から巣食うものです。けれども、イエスは人の外側から声をかけ、人を癒し、人と共に生きる方でした。
 悪霊の乗り移った豚の啼き続ける様子は、混乱したコミュニケーションを連想させます。しかし、イエスは相手に名前を問い、人間関係の最低限のルールに従ったのです。悪霊払いによって、裸で山を走り廻っていた人は、今や服を着て腰を降ろしていました。そして、集団から影を負わされていた人は、今や自分の家、デカポリス地方に行って、宣教をはじめたというではありませんか。
 韓国のキリスト教会は、日本による植民地統治下時代、レギオンの箇所をよく読んでいたといいます。それはイスラエルを属州化していたローマ帝国同様、大日本帝国を悪霊とみなし、その追放とそこからの解放と癒しを預言する記事として読んだそうです。昨日は軍国主義、今日は民主主義、明日は経済第一主義と時代の共同幻想に捕らわれやすい私たちも「おまえの名は何と言うのか?」とイエスから日々その本質を問われている者として歩んで行きたいものです。


ゲラサの悪霊憑き (渡辺禎雄)

Page Topへ

牧師 入 治彦
巻 頭 言

京都教会報