日本キリスト教団京都教会

聖歌隊
 京都教会聖歌隊の創立は、1920年(大正9年)頃にさかのぼります。第2次大戦中、一時活動は中断しますが、戦後、元霊南坂教会牧師の故飯清先生をはじめ、多くのすぐれた指導者に恵まれ、活動再開とともに音楽を中心として歩む教会の基盤が形成されました。活動再開以来、毎週休むことなく日曜日の礼拝の中で合唱奉仕を続けています。聖歌隊員は、決して皆が音楽に精通しているわけではなく、むしろ歌うことが好きで、歌声を通して共に神様を讃美することに喜びを覚える者の群れと言えましょう。
 その中にあって、三好三恵子さんはソプラノ歌手として大山望さんはテナー歌手として三根浩さんはヴァイオリン奏者として、聖歌隊員とともに、時にはソリストとして、聖歌隊の活動の牽引役をつとめています。また、柴田操さん・中山幾美子さんのお二人のオルガン奏楽者は、毎日曜日の礼拝の中で、前奏・後奏をはじめ会衆讃美の伴奏などをつとめ、礼拝の雰囲気を高める大切な役目を果たしています。