日本キリスト教団 京都教会

今月の説教要旨
                  2020春の要旨 2020冬の要旨
                  2021春の要旨             



聖霊降臨節第18主日礼拝説教要旨(2021. 9.19)
  永眠者記念礼拝(無会衆礼拝)
   『天の故郷』
   
ヘブライ人への手紙11:13〜16   入 治彦
 「いい日旅立ち」「ディスカバージャパン」「そうだ、京都へ行こう!」などという広告のコピーはよく知られたものです。私たちが旅と言う時、そこには何か心の華やぎのようなものを感じますが、その語源には骨を折る、あるいは痛い目に遭うという意味もあるようです。古代イスラエルの人々も、その両方を経験しながら旅を続け、近隣の人々からはヘブライ人(漂流者)といったあだ名をつけられた人々でもありました。
 「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声をあげ、自分たちが地上ではよそ者であり、仮住まいの者であることを公に言い表したのです。このように言う人々は、自分が故郷を探し求めていることを明らかに表しているのです」イスラエルの信仰の祖、アブラハム、イサク、ヤコブたちも皆、心の故郷を探し求めて歩く旅人でした。けれども、彼らは「さらに勝った故郷、天にある故郷」を熱望したのです。
 ふつう故郷とは、自分を産み出した土壌、最も落ち着ける場所を意味します。一方天にある故郷とは、人間に究極的に不安を与える死を経た所にあります。信仰の旅人は、そんなまだ見ていない都を確認して生きていったのです。それは見えるものに安住する生き方ではなく、見えない未来に向かって、自分を開き、前のめりで生きていく生き方でしょう。信仰という杖に助けられて歩んでいく旅人、イエスが同伴者となって歩んでいく旅人も、現実的にはその生活は難題を抱えて苦しみ、プライドを傷つけられたこともありました。この地上にのみ価値をおいていたならば、現実に押しつぶされそうになったこともあったでしょう。けれども、神が用意してくださる天上の都に絶対的な価値をおいていった時に、過ぎ去り行くものから解放されていったのです。
 映画監督のフェデリコ・フェリーニは、あるインタビューに答えてこう語っていました。「本物の人間の条件とは、それこそかりそめのものである。人がその人生をかりそめのものの連続だとして、つきつめた感慨をもって生きられるなら、ずっと積極的に、とにかくもっと創造的に、間違いなく良くなれるはずである。…自分をおのが人生の旅人だとみる感覚のことを言っているのである」
 サッカーでも野球でもホームとアウェーでの試合というのは、結構違うようです。アウェーで負けるのは許されても、ホームで格下に負けるとなるとファンは結構手厳しかったりします。聖書的には私たちはこの世ではよそ者、アウェーでの生活、天国こそがホームということになると言えます。フィリピの信徒への手紙3:20には「私たちの本国は天にあります」とも記されています。
 私たちの信仰の人生の先輩たちは、神が用意されたホームが天にあることを信じてこの地上を旅されました。そして、今やその天上の都に憩われていると信じます。私たちの歩むべき道もその道と切れておらず繋がっています。本日はこれらの方々が残された精神的、信仰的遺産を共に分かち合い、人生の信仰の旅人として同じ道を歩んでいく思いを深められたいと願っています。



聖霊降臨節第17主日礼拝説教要旨(2021. 9.12)
      『幸いに至る道』
     
エレミヤ書6章13〜21節     入 順子
 今日は、エレミヤのことばを読んでいきたいと思います。エレミヤは若くして預言者としての召命を受け、およそ40年にわたって預言者としての活動をしたと伝えられています。その間に5人の王が交代し、最後はユダの国がバビロンによって滅ぼされ、バビロン捕囚が始まる、そのような時代の人でした。エレミヤにとっての最初の王、ヨシヤ王はヤハウエを中心とする宗教国家の設立をめざし、宗教改革を行いました。ユダの人々は、北イスラエルを滅ぼしたアッシリアが衰退してきたのを見て、北イスラエルを取り戻し、また以前のような大イスラエル国家を設立できるのではないかと夢見ました。14節には「彼らはわが民の破滅を手軽に治療して平和がないのに、『平和、平和』と言う」とあります。人々は改革の先にある壮大な夢を先取りして、平和と言っているけれども、それはエレミヤにとって現実ではありませんでした。そして、エレミヤの預言は人々には厳しいものとして受け取られます。
 現代、コロナ禍において、「安心、安全」ということばが行き交い、さまざまな人々が今後の見通しを語っています。バビロン捕囚が始まったとき、ある指導者は2年でバビロンから解放されると言いましたが、エレミヤは「バビロンに70年の時が満ちたなら、わたしはあなたたちを顧みる」という主のことばを伝えています(29:10)。バビロンへ連れていかれた人々はそのときは落胆したかもしれません。しかし、実際は約50年続いたバビロン捕囚の間に、ユダの人々が書き記した多くの文書がこうして旧約聖書になったことを思うとき、エレミヤの預言は長い時間を経て、実現したのではないかと思います。
 今日の16節のところには、「さまざまな道に立って、眺めよ。昔からの道に問いかけてみよ、どれが、幸いに至る道か」と書かれています。「さまざまな道」は、口語訳聖書では「分かれ道」、新しく出版された協会訳聖書では「十字路」と訳されています。この箇所を読んで、昔、研修会で聞いたある牧師の話を思い出しました。「分かれ道に立って、どちらへ行くか迷ったら、自分にとって不利益な方を選びなさい」というような話でした。その牧師は、自分にとって不利益な方を選ぶということは、実は神の意志がそこにあらわれていることの証拠であると言いたかったのではないかと思います。そのような道を歩むとき、魂に安らぎがあると書かれています。その安らぎとは、神とつながっていることによって与えられる安息でしょう。神ともにある安らぎを探して、十字路に立って、幸いに至る道を歩みたいと願うものです。


聖霊降臨節第16主日礼拝説教要旨(2021. 9.5)
   『こころを一つに』
 
コリントの信徒への手紙T 1:10〜17   入 治彦
 コリントの教会はパウロの第2回目の伝道旅行の最後に、ギリシャ南部の中心都市コリントに長期滞在した時に、誕生した教会です。その後、第3回目の伝道旅行の最後にエフェソに滞在し、パウロは繰り返しコリント教会と連絡を取り合っていました。執筆時期は紀元55年ないし56年。コリントという町は、ローマ帝国内にありエーゲ海とアドリア海に面して港があり様々な文化、宗教が交錯する国際都市でした。
 パウロは、当時エフェソに滞在していましたが、そこへクロエというエフェソ在住の人で貿易を営んでいた女性の信徒とその家の奴隷たちによってコリント教会の分派争いの問題を聞かされました。分派争いとは、信徒たちが、「わたしはパウロにつく」、「わたしはアポロにつく」、「わたしはケファに」「わたしはキリストに」とめいめい分派が主張し合っていた問題でした。アポロはユダヤ人であるけれどもエジプトのアレクサンドリアという異邦人的なユダヤ人の代表者であり、個人主義的な考え方が強い雄弁家。一方の「ケファ」とはペトロのこと、エルサレム中心のユダヤ教的な価値観を重視し集団的な価値観を持つ人。パウロはその間に立つ中間的な存在でした。
 さて、パウロはこの分派争いについて「キリストはいくつにも分けられてしまったのか」と鋭く批判しています。キリストは分割不可能ではないか。派閥があるのは致し方ないとしても、キリストを使徒と同じレベルまで引き摺り下ろしてしまっていることになると大きな問題だというのです。
 どうもそれは誰によって洗礼を受けたのかというところに原因がある。この争いに対して、パウロは洗礼よりも教会を立てていく上で、福音宣教の大切さを強調しています。「キリストがわたしをつかわされたのは、洗礼を授けるためではなく、福音を告げ知らせるためであり、しかも、キリストの十字架が空しいものになってしまわぬように、言葉の知恵によらないで告げ知らせるためだからです」パウロが批判したのは、当時流行していたキリストの受肉を否定するグノーシス的思想であり、十字架に至るキリストのヘリくだりによって、自分が救われたことを否定し、自分の悟りを誇る傾向のことでした。
 洗礼で肝心なのは、洗礼を授けた教師の名前ではなくキリストの名の方なのに、このような人間中心の福音理解が分裂を招いていると指摘しています。「イエス・キリストという既に据えられている土台を無視して、誰も他の土台を据えることはできません」(3:11)
 神戸製鋼がラグビーの日本選手権で7連覇をした頃のこと、当初スター選手がたくさん集まってきていたのになかなか勝てなかったといいます。彼らはボールを持つと一人でトライしようとして、みんなバラバラで空回りしていた。そこで今は亡き平尾キャプテンは、1対1で相手と力でぶつかりあうのではなく、練習で3?4人がグループを組み、自分を少し犠牲にしてボールをどんどん繋いでいく練習を楽しく行ったといいます。そのうちチームワークも良くなり、結果として7連覇できたという話をインタビューで語っていたことがありました。私たちもまた、ラグビーボールではありませんが、主の栄光を仰ぐことで心を一つにし、それぞれのタラントンを生かしながら宣教の業に喜んで参与していきたいと願っています。


聖霊降臨節第15主日礼拝説教要旨(2021. 8.29)
        『隠された宝』
           
マタイによる福音書13:44〜52  入 治彦
 神の国の譬え「高価な真珠」の真珠は、英語ではパール、原典のギリシャ語を見ますと、マグガリタス、何かに似ているなと思ったらピッツアのマルゲリータや花のマーガレットの語源だとわかりました。花言葉は「秘められた愛」。隠れていた関係がわかると楽しくなります。
 今日の箇所には天の国の譬えが3つ登場しています。「隠してある宝」と「高価な真珠」、それから「地引網の譬え」です。「隠してある宝」の方は、農夫が宝を掘り当てた時の喜びが語られています。当時の財宝はパレスチナの方では、壺に入れて土の中に隠す習慣があり、これが最も安全な隠し場所になり、宝は偶然発見されるまで埋もれたままだったといいます。それは畑と切り離して持ち帰ることはできないので、農夫は生活必需品をすっかり手放して畑を入手したようです。
 一方の「高価な真珠の譬え」は、商人が素晴らしい高価な真珠を探し当てた時の喜びが伝えられています。古代において真珠というのは、金よりも価値がありました。こちらは良い真珠を探し求めていく商人の情熱、発見した喜び、全てを手放す勇気を物語っています。どちらも隠されていたものを発見した喜びがあるのが共通点でありますが、前者は、偶然発見したもので、宝くじに当たったようなもの。後者は、努力してやっと探し当てたもの。天の国への信仰のアプローチは様々な形があります。
 第3の「地引網の譬え」は「毒麦の譬え」と似ています。「漁師が網を湖に投げ下ろすと、色々な魚が採れるが、いっぱいになると良いものを器に、悪いものを投げ捨てると言います。世の終わりもそうなる。天使たちが来て、正しい人々の中にいる悪い者どもをより分け、燃え盛る炉の中に投げ込むのである」注解書には「マタイはこの譬えに彼の教会の当時の状態を投影して、教会には多様な信徒がいることを認めた上で、終末には厳しい選別がなされるという警告を語った」とありました。
 アンデルセン童話に『みにくいアヒルの子』というのがあります。ある時他のアヒルと異なった姿の雛が生まれた。アヒルの親は七面鳥の雛かも知れないというし、群れの中でも醜いといじめられながら、生きることに疲れ切っていた。しかし、雛鳥はある池に行くと、白鳥たちの反応から水面に映る自分の姿を見て、自分はアヒルではなく白鳥だったことを知り、悩みから解放されるという話です。真理はなかなかわからず、隠されていることが多いものです。パウロは「知恵と知識の宝は、全てキリストの内に隠れています」と語っています。
 70年前ある高校生は自分でラジオを組み立てていました。そこへ神学部から特伝で招かれた有名な先生が牧師館にやってきて彼に「そのラジオで神様の声が聞こえますか」と尋ねられました。その言葉が耳に焼き付き、神学部に入学、ドイツ留学でドクター取得、神学部の教授になりました。色々な種が撒かれています。ある意味種まきは大雑把にこの世界の畑に撒かれ、その中から芽が出て、成長し、知らない間に育っていきます。教会はその苗床であり、そこには神の計り知れない導きと人々の熱い祈りがあります。無会衆礼拝ですが、み言葉にふれ、花言葉ではありませんが、秘められた主の圧倒的な愛を味わっていきたいと願っています。


 聖霊降臨節第14主日礼拝説教要旨(2021. 8.22)
                『希望の初穂』
           
ローマの信徒への手紙8:18〜25  入 治彦
 今や世界が人間も含めて地球全体が病んでいると思うことがあります。気候変動により、酷暑、洪水、山火事、氷河の融雪が続き、コロナによる感染爆発によって病んでいる。クラスターが起こらず、たとえ感染していなくても、鬱々と暮らし、人とも会えず、一緒に安心して食事も取れず、運動不足になり、自殺もうつ病も増えている実態があります。世界中がうめいているとも言えるでしょう。
 ローマの信徒への手紙は、パウロの遺言書とも言われてきたようですが、ガラテヤ書が信仰による義を中心に書いたことに加えて、旧約以来の神の救済の歴史とキリスト教会が連続しているのだとも書いています。また、今日の箇所の背景には、宗教的熱狂主義者たちが、霊の下に生きるということを、礼拝においての恍惚状態と考え、現実問題とかかわらず、自分たちの救いは霊を受けた時点から完成していると考えていたことに対して、現実から目を背けず世界は様々な問題を抱えうめき苦しんでいると訴えています。
 ただしパウロはこれを単に滅びに至るうめきとは言わず「被造物が全て今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっている」のだと言っています。出産に至るまで十月十日は色々なご苦労があっても産まれてしまえば大きな喜びがある。そんな出産へと至る希望が秘められた痛みであり、それを思えば耐えられると示しています。
 また、このことを「被造物だけでなく、霊の初穂をいただいているわたしたちも、神の子とされること、つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます」とも語っています。「霊の初穂」とは、霊によって即完成ではなく、完成に向かう青写真、栄光、完成に向かう切符、手付けなのだと。それで終わりではない、希望を抱くことができる印なのだというのです。
 さらに、25節で「私たちは、目に見えないものを望んでいるなら、忍耐して待ち望むのです」と語っています。忍耐とはただの精神的な鍛錬、訓練、辛抱ではなく、心躍らせて、その到着をその完成を喉から手が出るように、うめきながら、霊の初物を食べたいと待ち望むことなのだと思います。この夏はコロナ感染爆発に加えて、大雨、豪雨続きで多くの地域で災害が起こるという正にうめきの時でありました。
 そのような時、あるお昼のテレビ番組で、岡山県の総社市長が大雨の続く昭和地区の避難所に早速そっと届いたY社の大量のパンの差し入れを喜び「何という会社なのでしょう!本当に感謝しかありません」といった記事が紹介されました。この会社は、かつて大雪の中央自動車道で多くのトラックが立ち往生した時、同社のトラックも止まってしまい、積荷のパンを立ち往生しているトラックの人たちに全部配ったこともある会社です。その経営基本方針を検索すると「我が社は、企業経営を通じて社会の進展と文化の向上に寄与することを使命とし、個人の尊厳と自由平等の原理に基づき、命の道の教えの言葉に従い、困難に屈することのない勇気と忍耐とによって、神の御心にかなう永続する事業の実現を期すこと」とうたわれていました。社長がクリスチャンではありますが、この時代に経営方針でストレートに「神の御心にかなう」といった言葉を使っていることにも頭が下がりました。世の中まだまだ捨てたものじゃないなと。


 聖霊降臨節第8主日礼拝説教要旨(2021.7.11)
  『夢の波紋』
      
創世記37:1〜11     入 治彦
 誰しも幼い頃から夢を見てきたことと思います。夢には正夢、逆夢、予知夢など色々とあるようです。また、夢というのは、人の解釈によって意味が全く変わってくることがあります。ある人にとって自責の念にかられるような悪夢が、カウンセラーによると、それが青年期によく見られる自立を促す夢であると知らされる場合があります。ヨセフ物語に登場する夢や衣も、その理解の違いが色々な波紋を及ぼしていきました。
 ヨセフは、12人兄弟の下から2番目でしたが、父ヤコブから特別あつらえの晴れ着を作ってもらったことや兄弟たちの悪いうわさを父親に告げ口したことによって、兄たちの羨望と反感を買いました。その上、彼の見た夢が兄弟との間に決定的な亀裂を引き起こしてしまったのです。
 「聞いてください。私はこんな夢を見ました。畑で麦の束を結わえていると、いきなり私の束が起き上がり、まっすぐに立ったのです。すると兄さんたちの束が周りに集まって来て、私の束にひれ伏しました」もう一つの夢は「太陽と月と11の星が私にひれ伏しているのです。」という夢。坊ちゃん育ちの彼は、人の気も知らないで脳天気にもそのまま喋ったのでしょう。怒り心頭に発した兄たちは、ヨセフを待ち伏せし、彼の晴れ着をはぎ取り、穴に投げ入れ、通りかかったエジプト行きのキャラバン隊に銀貨20枚と引き換えに売り渡してしまったのです。
 運命のいたずらとでも言いましょうか、この時からヨセフの運命はどんどん下降線をたどって行きました。穴に落とされ、異国のエジプトへ売られ、買い取られ、濡れ衣を着せられ、投獄されるという憂き目にあったからです。
 たかが夢、されど夢、夢の代償は大きかったのです。実際、二つの夢はどちらが偉いとか、偉くないといった話ではなく、神の遠大な計画が秘められた夢だったのでした。夢を見て有頂天になった者、嫉妬に燃えた者たちがある一方、ただ一人父ヤコブだけが、このことを心に留めたと言います。後々中東を襲ったひどい飢饉の時に、エジプトで宰相となったヨセフが、救助を求めてやって来たヘブライ人たち、この兄たち家族を救う役目を果たすということの一端を、漠然とながら予感していたからです。神の与える夢を心に深く留める者は、期せずしてその背後にある将来を見据えるのです。
 聖書とは、またそのような意味で、人生の隠された夢の卵ということができるでしょう。その時にはわからなかったとしても、後になってああこういうことだったのか、といった深い神の真理や計画に出会わされることがあるからです。聖書の眼差しを通して、神の眼差しを通して、神の指し示す希望の道筋を読んでいければと願っています。


 聖霊降臨節第7主日礼拝説教要旨(2021.7.4)
  『人の目におが屑、自分の目に丸太』  
   
マタイによる福音書7:1〜12        入 治彦
 今日の聖書箇所は、山上の説教の中の一部で前半の「人を裁くな」という禁止命令と後半の「求めなさい」の肯定的命令に分かれています。「人を裁くな」の裁くクリネーテという言葉には「優っている」という意味もあります。「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである」とあり、3節には「あなたは兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中にある丸太に気づかないのか」という興味深い言葉が続きます。これが人間の実態というものではないでしょうか。人間の現実は、人の目には丸太、自分の目にはおが屑と思っているから楽観的に生きていけるのかも知れません。しかし、それによって人を踏み台にしてしまうことも多いでしょう。「偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。そうすれば、はっきり見えるようになる」とあります。丸太とは神との的外れな関係であり、神と人を踏み台にしてしか生きていけない人間の業、罪とも言えるのではないかと思います。
 マタイによる福音書5:45には「父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからです」とあります。神は寛大な心で人に愛を降り注いでくださる方なのに、人間は器が小さく、天に向かって唾を吐き、人を踏み台にして生きていく弱い器です。その弱さゆえに 鎧をかぶり、人の上に立とうとする。その丸太が自分の目から取り除かれたらはっきりと見えるようになる。
そんな覆いが取り除かれたなら「求めなさい」「探しなさい」「門を叩きなさい」と素直にお願いできるかも知れません。上から教えるのではなく、期待を祈って求めていけば与えてくださる方であり、探していけば見つかるようにしてくださる方であり、門を叩けば開いてくださる方であるということ。
 子どもの親がいくら悪くても、自分の子どもには良いものを与えるように、神は求めてくる者には必ず良いものを与えてくださるに違いない方です。悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださる方は、必ず良いものを与えてくださる方です。イエスという方は、そのように寛大な方のもと、旧約聖書に記された律法として書かれ預言者が預言したことを完成し、体現してくださる方です。
 律法の専門家がイエスを試そうとして「律法の中でどの掟が最も重要でしょうか」と尋ねた時、イエスは「あなたの神である主を愛しなさい。これが最も重要な第1の掟である」と言われ、「第2の掟も同じように重要で隣人を自分のように愛しなさい」と答えておられます。神を愛するということは具体的には人を愛することでもあるということでしょう。北海教区の牧師たちは、北海道開拓伝道での厳しかった経験から「十字架の横木が落ちたら、教会は倒れていく」とよく言います。
 サッカーのベルギー1部リーグで活躍しているジャマイカ人と日本人のハーフ鈴木武蔵選手はツイッターで「あの見た目で日本代表なんて!」と書かれていたといいます。ショックと悲しみ、怒り、いくつもの感情が僕の中にうごめいた。しかし、必死に考えを整理し想いをS N Sに打ち込んだ。「僕に報告をしてくれた方、ありがとうございます。でも、大丈夫ですよ。そうやって小さい頃からやってきたので。お父さんの血がなかったら日本代表になれてなかったと思いますし、ハーフであること、日本という素晴らしい国で育ったことに感謝しています」投稿の後に大量の応援メールが届いたそうです。「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である」