日本キリスト教団 京都教会

今月の説教要旨
                         以前の要旨


 降誕節第3主日礼拝(2021 .1.10)
       『天が開いて聞こえた声』
       
マタイによる福音書3:13〜17     入 治彦
 教会の暦では新年はアドベントから始まっています。アドベントに読まれる箇所には「マリアの叔母エリザベトの訪問」があります。歳若くしてイエスを身籠ったマリアが高齢の身で子を宿したエリザベトを訪問した時「マリアの挨拶を聞いてエリザベトの胎内の子が踊った」とルカは伝えています。その胎内の子がやがてバプテスマのヨハネとして活動するようになりました。
 ヨハネが世に登場した頃、イスラエルには預言者の声が4世紀もの間、聞かれなくなって、メシアの時代が到来した時、再び預言を聞くことができるだろうという気運が高まっていました。それで、彼が荒れ野で語り始めた時、もしかすると、この人が救い主ではないかと、人々は考えました。ところが、当のヨハネは、私は前座に過ぎず、真打ちは後から来られる、自分はその道備えをする者と答えていました。そこから、彼は「イエスを指差す者」と呼ばれるようになり、グリューネバルトやレオナルドダ・ヴィンチは、ヨハネを右手でイエスを指差す者として描いていきました。
 ヨハネは、荒れ野で生活し、いなごと野蜜を食糧とした野人であり、人々に終末に備えて悔い改めなさいと語り、水ではなく聖霊によって洗礼を授けるメシアがやって来られるという予告をした人でした。けれども、実際に人々の前に現れたイエスという方は、洗礼を授ける人どころか、ヨルダン川で自ら受ける側の人間として、ヨハネから洗礼を受けたのです。その時、「天がイエスに向かって開いた。イエスは、神の霊が鳩のようにご自分の上に降って来るのをご覧になった。そのとき、『これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者』という声が、天から聞こえた」とあります。
 ヨハネが果たした働きは、終末に備えて人々に悔い改めの洗礼を受けなさいと勧めたことと、メシアが救い主がもうじきやって来られると予告したことです。その予告は「その方は聖霊と火で洗礼をお授けになる。手に箕をもって脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる」といった終末において上から審判を下すメシア像で自分以上に高みにいまして優れた方ということでした。
 ところが、実際に人々の前に現れたイエスは、人を高みから選り分け洗礼を授けるどころか、人々と共に一緒にヨルダン川で洗礼を受ける方でした。洗礼とは罪ある不完全な私たちが自らを問われ、悔い改めて罪の告白をして生まれ変わることです。であるならば、どうして罪なき方が敢えてバプテスマを受けなくてはならなかったのでしょうか。それは、本来ならば二つに選り分けられて捨てられていく人間がいる。そのような人たちの罪をも罪なき方が背負ってくださることによって、罪ある者がゆるされ生かされていくからです。ヨハネはその方の履物の紐を解く値打ちもないと言っていましたが、イエスこそ履物の紐を解くしもべの形をとって現れたのであります。
 このとき、天が開いて聖霊が鳩のように降り、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という神の証言の声が聞こえました。主イエスが人と共に生き、人の荷を引き受けられるところ、人が共に荷を負い合うところにこそ、聖霊の風が吹き、神の平和が訪れるのであります。讃美歌二編26番『小さなかごに花を入れ』には「小さなかごに花を入れ、淋しい人にあげたなら、部屋に香り満ち溢れ、暗い胸も晴れるでしょう。愛のわざは小さくても、神の御手が働いて、悩みの多い世の人を明るく清くするでしょう」とあります。小さくてもいい、ちょっと挨拶する、ちょっと声を掛け合うだけでも人は支えられるものではないでしょうか。神は人と人の間に介在するからです。


 降誕節第2主日礼拝説教要旨(2021.1.3)
      『逃亡のキリスト』
     
マタイによる福音書2:13〜23     入 治彦
 コロナ感染拡大の中で印象に残っている言葉の一つに、隔離期間や検疫期間を意味する「クワランティン」というものがあります。14世紀ペストが流行した時、ペストの潜伏期間である40日間船を停泊させた時に使われた言葉で、昨年2月ダイヤモンドプリンセス号の場合にも使われ、監禁状態のような1年を象徴する言葉だったと思います。
 聖書日課で与えられた今日の箇所は、逆に世界の救い主ともいうべき嬰児イエスの家族が移動を余儀なくされ逃亡生活をしなくてはならなかった所です。マタイ福音書冒頭「イエスの系図」では、イエスはダビデ王の家系から誕生したことが記されていましたが、こちらは歴史に翻弄された家族が描かれています。 
 当時のヘロデ王は、占星術の学者たちの訪問を受けた後、彼らから新しい王の誕生の在処の報告がなかったことに腹を立て、ベツレヘム周辺の二歳以下の男の子を皆殺しにしろといった命令を下しました。しかし、主の天使はその前に父親ヨセフに夢で現れ、エジプト逃亡するように促しています。出エジプトの時代、エジプトに移住していたヘブライ人たちは強制労働が課せられ、虐待があったにもかかわらず、その数が増えていきました。脅威を感じた王ファラオは「男の子ならば殺し、女の子ならば生かしておけ」といったおふれを出しましたが、モーセはパピルスの籠に入れられ命拾いすることができました。それを踏襲するような出来事であり、ホセア書の預言が成就したとマタイは説明しています。
 また、ヘロデ王が実際に二歳以下の男の子を殺害させた出来事をマタイは「預言者エレミヤを通して言われたことが成就した」と綴り「ラマで声が聞こえた。激しく嘆き悲しむ声だ。ラケルは子どもたちのことで泣き、慰めてもらおうともしない。子どもたちがもういないから」と謳っています。この言葉は、エレミヤが体験した紀元前587年南ユダ王国の滅亡によりバビロン捕囚の悲痛なまでの叫びとヘロデの残忍行為によって子どもを失った母親たちの嗚咽とが倍音となって、慟哭の叫びを放っているといえましょう。
 ところが、ヘロデの死後、エジプトにいたヨセフに主の天使が夢で「起きて、子どもとその母親を連れてイスラエルの地に行きなさい」と伝え、彼らはナザレという町に行って住んだといいます。こうして見てまいりますと、イエスとはダビデの家系に生まれた栄光のメシア、典型的な救い主でありながら、出エジプトの奴隷とバビロン捕囚の捕虜という大きな苦難を背負わされ、歴史に翻弄された誕生であったと言えるでしょう。それは祝福される王の形ではなく、イバラの王冠を被らされた呪われた王の形です。申命記に「木にかけられた者は呪われる」という言葉がありますが、イエスこそ十字架という木にかけられ、呪われたが故に、呪われるべき私たちが救い出されたといえましょう。 
 イエスの飼い葉桶から十字架、復活に至る記事を目にする時、歴史に翻弄されながらも愛を伝えられた生涯の中に、私たち人間が経験するような苦しみ、悩みなどを全てなめ尽くされたことを思います。それによって転びがちな私たちの弱さも全て知っていてくださり「恐れるな。大丈夫だよ」と語っていてくださることを思います。この新しい年もまた歴史に翻弄されたイエスが私たちと一緒にいてくださいます。


 降誕節第1主日礼拝説教要旨(2020.12.27)
    『博士の訪問』
  
マタイによる福音書 2: 1〜12    松田直樹
 京都教会では毎年クリスマスに子どもの教会と児童館が合同でページェントを行ってきましたが、今年は残念ながら新型コロナウイルス感染防止のため、合同のページェントは行わず、子どもの教会では先週のクリスマス礼拝の朝に、ミニ・ページェントを行い、児童館では本館と分室と別々に12月25日にクリスマスの礼拝を行って、本館では過去のページェントの映像の上映も行いました。子どもの教会のミニ・ページェントでは劇を短くした上で、台本はその場で読んでも良いということにして、衣装もなしにして代わりに役の絵を描いたお面を頭につけることとしました。いつもと違う形のページェントでしたが子どもたちの臨機応変の対応力もあり、思った以上にうまく劇を行うことができたと思います。
 今回のミニ・ページェントも含め、近年の京都教会のページェントでは博士がイエスたちの元に捧げ物を持ってくる場面が劇のしめくくりとなっています。キリストの降誕物語でなじみ深い東方の博士たちですが、福音書において彼らが果たしている役割とは何なのでしょうか。
 東方の博士たちは、彼らの国で、「ユダヤ人の王」が生まれたことを告げる星を見、ユダヤの都エルサレムまでやって来て新たな王が誕生した場所を尋ねました。そのことを耳にしたユダヤの王、ヘロデは不安を抱いたとあります。彼は前の王朝ハスモン朝の混乱の中でローマの後ろ盾を得てユダヤの王の地位に就きました。そして、強い猜疑心によって、貴族たち、前王朝の血を引く者、そして自らの縁者や妻子など、自らの権力を脅かすと思われるものを次々に粛清、処刑していきました。そんな彼ですから「ユダヤ人の王として生まれた者がいる」と聞いて不安を抱いた、というのは至極当然のことであると言えます。
 不安を抱いたのはヘロデだけでなく、エルサレムの祭司や律法学者たちも同様であったと記されています。ミカ書5章を引用して救い主はベツレヘムで生まれるとヘロデに教えた彼らですが、自ら新たな王の元へ行こうとはしません。ヘロデと対立する彼らもまた既存の宗教的、社会的枠組みに安住し、新たな啓示の開始から目を背けていたのでしょう。
 一方、東方の博士たちはミカ書の預言の情報を得てベツレヘムへ向かいます。そして、母マリアと共にいる赤ちゃんイエスをひれ伏して拝み、黄金、乳香、没薬を献げました。これは普通、王に献上する献げ物の目録であるともいわれています。博士たちは王に対するように幼子に接し、王に献げるように高価な贈り物を献げたのです。王宮に腰掛け、絶大な権力と巨大な事業による威信を誇り、しかし権力を奪われることに怯える地上の王ヘロデと小さな村ベツレヘムの家に母マリアと共にいたという幼子イエスとは実に対照的です。そして、黄金、乳香、没薬はそんな幼子への贈り物として、常識的に考えれば不釣り合いなほど高価な贈り物です。しかし、東方の博士たちはその幼子が王であることを認めたのです。この物語での博士たちの役割とは、この幼子イエスこそが本当の王であり本当の救い主であることを告白することであるといえるでしょう。
 私たちの王、神の子は実に無防備な姿でこの地上に来られました。小さく、弱く、吹けば飛んでしまうような、大人の世話なしでは生きていけない幼子の姿です。しかしこの一見無力な幼子によって神の国、神の支配がもたらされるのです。この常識ではありえない対比にこの物語の指し示すところがあるのではないでしょうか。このクリスマスの時、私たちも幼子の姿で地上に来た神の子の前にたち、その無防備な幼子こそ、私たちの王、私たちの主であると告白したいと思います。



 クリスマス礼拝説教要旨(2020.12.20)
     『神様の分』
     
マタイによる福音書1:18〜25      入 治彦
 ファミコンのゲームに迷路があって、その真ん中に十字架のついた教会の絵があるものを見たことがあります。実際昔の教会や修道院には、迷路の庭園をつくっていた所もありました。迷い悩むことに深い意味を見い出していたのでしょう。聖書を読んでいてああでもない、こうでもないと思い巡らすことは誰でも経験していることだと思います。
 クリスマス物語の中にも、イエスの誕生に際して、いろいろと思い悩んだ人たちがいました。しかし、最も思い巡らしたのはヨセフとマリアでしょう。「母マリアはヨセフと婚約していたが二人が一緒になる前に、聖霊によってみごもっていることが明らかになった。夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことが表ざたになるのを望まず、ひそかに縁を切ろうとした」当時ユダヤでは婚約期間は1年間とされていましたが、そんな時に最愛のマリアが、男性との関係もないのに身ごもってしまったのです。
 これは当時のユダヤでは一大事でした。よその男と交渉をもった場合は姦淫罪に問われ、石打ちの刑に服さなくてはならない。しかし、それはいくら律法的に正しいヨセフといえども、彼の愛情がゆるさない。かと言ってお腹の子を認知してよその男の子を育てることは、彼の正義がゆるさない。その板挟みで彼は悩んだのです。そして、律法を裏切らず、しかも彼女をさらしものにしないで済む、離縁という唯一の考えに至ったのです。ところが、マリアの顔には一点の曇りも見えず、彼は自分の考えは根本的に誤っていたのではないかと自分を責めました。
 それに対する解答は夢の中で与えられたのです。天使が「彼女の懐妊は、聖霊による。その子は民を救う者となるのだから、心配しないで彼女をあなたのそばに受け入れなさい」と勧めました。そのマリアを受け入れた時、二人の間に生まれたのがインマヌエルでした。神、我らと共にいます。それは神がナザレのイエスとなって、私たちの体験するであろう労苦や挫折、その苦しみも喜びもすべて、なめつくしていてくださっているということに他なりません。誰にも言えないことも神はお見通しであり、わかっていてくださる。そこにインマヌエルの主が共におられるのです。
 セルビアをはじめとして東欧には、クリスマスのしきたりに「神様の分」というのがあるそうです。クリスマスのケーキを切り分ける時に、そこにいる人数分、プラス一人分を切り分けるのです。「それはだれの分か?」と聞かれれば「それは神様の分だ」と答えるのです。また、予期しないお客さんがやってきた時にも、神様の分を分けることができます。インマヌエルの主は、このように見えない客となって私たちと共にいてくださいます。




 待降節第3主日礼拝説教要旨(2020.12. 13)
     『人知を超えて働く神』
      
フィリピの信徒へ手紙4:4〜9       入 治彦
 フィリピの信徒への手紙は、パウロがローマに護送されて未決勾留状態にあった時に書かれたものです。この場合知人からの生活支援が必要となっていましたが、フィリピの教会の信徒たちが、パウロに生活資金や贈り物を送ったり、度々人を遣わしていたため、感謝の手紙を獄中から送ったものです。
 しかし、フィリピの教会がいつも安泰だったわけではありません。割礼、律法を遵守し、キリストの十字架を否定する「反対者」もいました。また、かつては仲良く活動していたエボディア、シンティケといった女性たちも現在は抗争関係に陥っていたとも言います。パウロは、この二人の女性を支えてあげてください。命の書に名を連ねてある者たちと同様天国に国籍のある者同志なのだからという調子で語っています。
 4:4では「主において喜びなさい。重ねて言います、喜びなさい」と強調されています。喜びとは強制されて沸き起こってくるものではありませんが、ここでは「主において」(エン キュリオ)という言葉が入っていること注目すべきでしょう。札幌農学校のクラーク博士は、日本を去る時に「少年よ大志を抱け」と語りましたが、そこには本来「キリストにあって」という言葉が付いていたとも言います。となると、ここでも特別の意味が加わってきます。主に導かれて喜べる。
 5節には「あなた方の広い心が全ての人に知られるようにしなさい」とあります。「広い心」とは文字通り、温和さ、忍耐を持って他者と平和に過ごすという意味です。教会を脅かす反対者たちを含む全てのものに対する報復を差し控え、寛大な態度を示せという意味です。これはキリスト者の特徴であり、アイデンティティでなければならないと書いてあった注解書もありました。新しい聖書協会共同訳聖書では「あなた方の寛容な心を全ての人に知らせなさい。主は近いのです」と訳されていました。
 到来する主に関心が向く時、何事にもこだわらない広い心が身につくようになります。家庭内で喧嘩をしていても、大切なお客さんが来られたら喧嘩をやめるのではないでしょうか。今年止揚学園招待礼拝は36回目を迎えるはずでしたが、コロナ感染防止のため中止となりました。しかし、ビデオレターを有志で作り止揚学園に送りましたら「今年も京都教会に伺えたね」とか「もう一回もう一回と何度も見ました」と嬉しい返事をいただきました。毎年園生の人たち、スタッフの人たちが30名やってきてくださって礼拝、交流の時間を持ちますと、心のお掃除をしていただいた気持ちになります。
 ある家庭集会でお邪魔した家の電話の横には、黒い楯があってこんな言葉が英文で刻まれていました。
「キリストはこの家の頭 三度の食卓に現れる見えない客 どんなおしゃべりの時にも黙っている静かな聞き手」寒さはますます厳しくなっていくでしょうが、光の度合いは小さな春を先取りするように日一日と明るさを増していきます。コロナ禍にあって心ふさぐ様々な悩みに苛まれることもありますが、人知を超えて働く平和の神がそばに来てくださることによって私たちも広い心が持てます。全ての苦しみや悩みをなめ尽くされた復活の主が来てくださることによって日々喜ぶことができます。


待降節第2主日礼拝(2020.12.6)
     『最も新しいこと - デ・ノヴィッシマ』
      詩編96:1〜13       入 治彦 
 「歌は世に連れ、世は歌に連れ」と申しますが、歌には流行り廃りがあり、次から次へと新しい曲が産み出されています。新しいものには、次の時代を予感させるものもあり、華やぎを感じますが、その中にはスタンダードとして残るものもあれば、懐メロでしか歌われなくなってしまうものもあるでしょう。
 ある旧約学者は、以前こんなことを書いていました。「現代文明の基本的な性格の一つは、新しさの追究に見られる。新発見、新発明に始まった近代的性格を継承している。それは裏返して言うと、現代社会が使い捨て社会だということである。焦点が今だけにおかれ、過去も未来も見えなくなる点にあり、時間と歴史全体をとらえる方法を失っている。」
 それではこの詩人がいうところの「新しい歌」とは、この現代社会に対してどのような意味をもっているのでしょうか。詩編96編は、前半で神がこの世界の創造主であると言い、後半では神が裁き主であることを詠い、歴史のはじめと終わりを見つめています。さらに、この詩編は、93編〜99編などと共に終末論的詩編と呼ばれ、その最も古い形がイザヤ書42:10に見られます。
 そこでは「新しい歌を主に向かって歌え」と「地の果てから主の栄誉を歌え」が対の形で記されています。言い換えるならば、新しい歌とは何々より新しいということよりも、むしろ地の果てから、終わりから賛美する歌であることがわかります。
 終末についての教えを中世のキリスト教会は、「デ・ノヴィッスィマ」と言いました。それは終わりの中に最も新しいことを見る見方を表しています。「汝の死を覚えよ」という意味の「メメント・モリ」と重なる考えです。こういった言葉は、14世紀中頃ヨーロッパで流行したペストの影響が大きく関わっているようです。
 ペースメーカーを入れる手術をしたあるクリスチャンの医師は、教会の人に向かってこう話したそうです。「私は一度死んで甦らされたようなものですよ。手術後、自分の体の中にペースメーカーが入っていることは、私に神様の大きな御心を考えさせてくれます。電池を取り替える毎に、神様がもう数年生きることを許してくださったのだなと感謝したくなります」と。
 であるならば、「新しい歌を歌う」とは今、主によって生かされているこの人生を感謝をもって受け取り直し、希望のうちを歩むことではないでしょうか。人が終わりと見るようなところにこそ、すべての苦しみや悩みをなめ尽くされた復活の主が共にいてくださるからです。アドベントのこの時、年が暮れていく終わりの時に、春を先駆けとして誕生された主イエスの到来を待ち望み、希望の歌、最も新しい歌を歌っていきたいと願っています


待降節第1主日礼拝(子どもも大人も一緒に守る礼拝)
説教要旨(2020.11.29)
            『冒険しよう!』
         
ヨハネによる福音書3:16〜21    西原ももこ
 クリスマスまでのアドベントの期間をどのような思いで過ごすでしょうか。幼いころは、クリスマスプレゼントを何にしようか、サンタクロースに何をお願いしようかと考えていました。このように、プレゼントを何にしようか考えているとき、クリスマス当日までプレゼントを待っているとき、非常にワクワクした気持ちにならないでしょうか。
 今日の聖書箇所は、まさに神様からのプレゼントを与えられる場面です。神様は私たちに何をプレゼントしてくださったのでしょうか。聖書の最初には、「神は独り子をお与えになったほどに世を愛された」とあります。人は何かをもらうとき、その物に見合った対価を支払います。それでは、神様は私たちにどれだけの価値があると思っておられたのでしょうか。神様は愛する独り子を私たちに与えてくださるほど私たちを価値あるものだと思っておられるのです。自分には価値がない、愛してもらう資格がないと私たちが思っていても、神様は私たちを価値ある存在として愛してくださっているのです。
 イエスがこの世にお生まれになった頃、ベツレヘムでは救い主を待ち望んでいました。大国に支配されていた人々は苦しい生活を強いられ、早くこの生活から抜け出したいと願っていたのです。そのような中で、イエスは人々のもとに生まれてくださったのです。
 今日からアドベントが始まりますが、このアドベントと同じ語源をもつ言葉があります。それが「adventure」です。これは「冒険」「胸が踊るような体験」という意味です。ある人は、このアドベントの期間は神様の冒険・アドベンチャーとしてのクリスマスであると言われていました。どういうことかというと、このクリスマスの出来事は神様が私たちを救うために、この世に命がけで冒険しに来られたということです。このように、アドベントは「待つ」という意味以外に「冒険」という意味があるのです。
 私たちは今まさに救いを待ち望んでいます。全世界で新型コロナウイルスの感染が拡大しています。いつになったらこの状況から抜け出せるのだろうと思ってしまいます。また、コロナウイルスが無くても、必ずしも毎日が平和なわけではありません。
 イエスがお生まれになった時も、今の私たちと同じような思いを人々は持っていました。神様はそんな暗闇に、キリストという光を与えるために来られました。このクリスマスの出来事は、厳しい現実の中で、希望の一歩を踏み出すように冒険していきなさいと私たちに言われているのではないでしょうか。そして、神様が与えてくださったイエス・キリストという最大のプレゼントを待ち望む中で、私たちにできることは何なのかということも一人ひとりが心に留めておかなければなりません。全世界が苦しい状況にあるこの時、アドベントの期間をどのように過ごせばいいのでしょうか。暗闇を歩くことの方が多いかもしれません。しかし、そんな時にも神様が一緒にいてくださることを信じて、希望をもって、歩んでいけたらと願います。


京都教区講壇交換礼拝説教要旨(2020.11.22)
          『縁(へり)を踏むな』 
    
コリントの信徒への手紙T3:1〜9  徳舛和祐(丹陽教会)
 幼い頃、「男子たるもの、畳の縁を踏むな」と、父親から、よく云われものです。お年を召した方なら、身に覚えがあろうかと思います。「なんでや、畳の端を繕ってあるだけやないか?」と反抗したものです。 叔母の茶道教室でも、畳の上を進む時、退くは、膝行と云って膝で進むものです。「畳の縁は踏まない、手前で座る」なんて言っていたのを覚えています。「何故?」って聞くと」「神聖な結界だから」と教えられました。今武道をたしなんでいますから、少しは分かってきました。武士たるもの己の身を常に守る業を身に着ける。その一つが、他人の家に入ったら、縁を踏まない。縁には隙間がある。床下から刺し殺され易い。また家紋を印した縁を踏むのはその家を侮辱することになる。畳の縁は弱く,傷付きやすいので縁取りがしてある理由だろうと思います。私が考えるに、あの縁取りは結界を示していると思うのです。相撲の巻き藁、もろもろの試合の演武線、寝て半畳起きて一畳に見る、約束の範囲を表している。越えてはいけない一線、そこを一歩出ると違う世界、ル−ルからはみ出すギリギリの制限淵を表している。
 制限の中で、ぎりぎりの縁に押し込まれた一線で、自分の信仰はどうなっているのか? ほんとにイエスに倣う姿勢で過ごしているのかと問うてみる必要があると思います。毎日聖書を読んで、時には讃美歌を口ずさんでいる。だから立派な信仰者と自負していませんか?そうではなく箸の上げ下げ、一歩一歩の姿、スーパのレジに並ぶ姿に、「やっぱりあの方はクリスチャン。清々しさが滲み出ているなあ」なんて云われる、誠実な立ち振る舞いがあれば、ことさら伝道とシャカリキにならなくとも、人はキリスト信仰をもとめて来るものです。他人の姿にねたみを覚えたり、能力のなさを嘆いたり、肉親や仲間に争いが絶えない憎しみを覚えると、その方は自己満足が強く、己を満たしたい肉の人であり、ただの人として歩んでいる、ということになりはしませんか。私自身もただの人ですから、汚れた者より美しいもの、まずいものよりおいしいものを好みます。ただそれ以上に則を超えないように、自分を律しているに過ぎないのです。そのように成長させてくれるのは神のみです。日々「エイ」刀を振って邪気を振り払っても、その向こうから来る神の声が聞こえなければ、空しいひと振りになるだけです。一番大切なのは成長させようとされている神に顔を向ける、私達に救いを与え力を与えようとされ神に従うことではないかと思います。自分の結界を超えようと、欲を出しても結局は畳1畳の中でもがいているに過ぎない事を覚えて頂きたい。アーメン


降誕前第6主日礼拝説教要旨(2020.11.15)
        『隔てなく雨は降り』
      
マタイによる福音書5:38〜48       入 治彦
 「目には目を、歯には歯を」とは、一般的にもよく知られた言葉ですが、これはもともと「やられたらやり返す、倍返しだ」ではありませんが、二倍、三倍返しによって、復讐の連鎖がとどまらない、しまいには目をやられたのに、命まで奪ってしまうようなこともあったので、「目をやられたら、仕返しは目だけにしておきなさい。歯をやられたら、歯だけにしておきなさい」という同害復讐法をあらわす言葉でした。
 この言葉は旧約聖書の出エジプト記やレビ記にも登場する言葉ですが、イエスはこの言葉を引用しつつも、マタイ5:38以下で「しかし、私は言っておく。悪人には手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。あなたを訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせない」41では、「誰かが1ミリオン行くように強いるなら、一緒に2ミリオン行きなさい」と命じられました。実際にあるホームレスの人が4人の中学生に無抵抗のままに撲殺されるといった事件も起こった時、「イエスの言葉は理想なのか、現実に実行しなさいということなのか」疑問に思って問いかけてきた人もありました。
 しかし、イエスはマタイ5:43以下でも「あなた方も聞いている通り、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。しかし、私は言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」と言っておられます。
 『炎のランナー』という映画で知られる宣教師で1924年のパリオリンピックの陸上400メートルで優勝したエリック・リデルが、日本軍によって中国山東省の収容所に抑留された時の話があります。収容所内で一つの議論が持ち上がりました。聖書の「汝の敵を愛せよ」というイエスの教えは、ただの理想なのか、実行すべき教えなのかということでした。日本兵の中国人への仕打ちは酷いものがあり、収容所の若者たちは、日本人に対する憎しみを募らせていき、宣教師の子どもで高校生だったスティーブン・メティカフという青年は、「敵を愛しなさい」という言葉に反感を覚え、日本兵など愛せないと感じていたといいます。
 ある日、エリックは青年に言いました。「私もそう感じたが、聖書には『迫害する者のために祈りなさい』とある。僕たちは愛する者のためなら、頼まれなくても時間を費やして祈るが、イエスは愛することのできない者のために祈れと言われた。だから、君たちも日本人のために祈ってごらん。人を憎むと、自分中心の人間になる。でも祈るなら、神中心の人間になるんだ。神が愛している人を、憎んではいけない。祈りは、君たちの姿勢を変えるんだ」
 スティーブンは、エリックをスポーツマンとしても尊敬していたため、それから日本兵のために祈り始めたといいます。祈っても祈っても日本兵の態度は変わらなかったようですが、メティカフ自身の心が変わっていき、第二次世界大戦後、日本にやってきて宣教師として38年間東北や北海道で伝道し、神の愛と平和を宣べ伝えたそうです。
 渡辺総一さんが描いた『降る雨となり』という絵があります。そこには添え書きで「牧場に降る雨は草を茂らせ、羊や牛を養うものになります。地を潤す雨はあらゆる植物を育て、全て生あるものの命を支えます。つまり命は全く上から降ってくるものによってあるのです。上から降ってきて下から支える。それが神のみわざであります」と書かれていました。最後に今日のマタイ5:45を読んで終わります。「父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。」


降誕前第7主日礼拝説教要旨(2020/11/8)
            『呪われた王』
     
ガラテヤの信徒への手紙3:1〜14      入 治彦
 讃美歌21の280番は、「馬槽の中に産声上げ、木工の家に人となりて」で始まり、3節では「十字架の上に挙げられつつ」と歌われています。イエスの生涯を木にまつわる人生だったと言った人もいました。今日はそのことについて考えてみたいと思います。
 初めにガラテヤの信徒への手紙がなぜ書かれたのか触れておきます。パウロは、第2回目の伝道旅行でキリスト教を伝えて行ったのですが、第3回目の伝道旅行ので、エフェソに赴く途中、キリスト教信者になった人々の様子を確認するために、再びガラテヤに立ち寄っています。ところが、彼らはユダヤ教もしくはユダヤ人キリスト教の宣教師に接して、救われるためには割礼を受ける必要があるといった考えの影響を受けていました。それを聞いたパウロは憤り、エフェソからこの手紙を書いていきました。
 3章の初めでパウロは「ああ、物分かりの悪いガラテヤの人たち、誰があなた方を惑わしたのか」「あれほどのことを体験したのは無駄だったのですか」と語り、イエスの十字架を示され、洗礼を受けて霊の受領を受けていたはずなのに、今更どうして割礼が必要なのかと訴えています。
 創世記17章では、神はアブラハムに「選びのしるしとして、男子は全て割礼を受けなさい」と言われましたが、それがやがて、「割礼を受けなければ救われない」とされ、割礼が救いの条件となっていきました。それに対してパウロは、「私たちはキリストの十字架の死の恵みによって救われるのであり、割礼の有無は関係がない」と主張しています。実際エルサレムの使徒会議もこの主張を受け入れ、異邦人は割礼を受ける必要がないことを決定していました。ところが、一部のユダヤ人信徒は割礼の必要性を主張し、ガラテヤ教会を混乱させていました。
 3章6節から7節でパウロは、「『アブラハムは神を信じた。それは彼の義と認められた』と言われている通りです」と言い、さらにアブラハムが神に従って行った時、まだ割礼を受けていなかったではないかという指摘をしています。そして、ユダヤ人にとって絶対的なものと考えられた律法や割礼を相対化し、「律法」対「信仰」という二者選択のような形で迫ったのです。
 イエスはマタイ5:21以下で「昔の人は『殺すな。人を殺したものは裁きを受ける』と命じられているが、私は言っておく。兄弟に腹を立てる者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』という者は、火の地獄に投げ込まれれる」。5:27では「姦淫するな」と命じられているが、私は言う。みだらな思いで他人の妻を見る者は誰でも既に心の中でその女を犯したのである」と語っておられます。作家の遠藤周作さんは、この箇所について「自分にはこんなことはできない」と言っていました。徹底して考えるならば、旧約の律法の全てを絶えず行うことなど無理なのであります。しかし、「律法を守れない者は皆呪われる」とも旧約聖書には書かれています。
 であるならば、守ることができず、呪われるべき者たちの重荷を引き受けられたのが、キリスト・イエスと言えましょう。3:13には「キリストは私たちのために呪いとなって、私たちを律法の呪いから贖い出してくださいました。『木にかけられた者は皆呪われている』(申命記21:23)と書いてあるからです」ペトロも三度目の否認の時「ペトロは呪いの言葉さえ口にしながら『そんな人は知らない』と誓い始めた」と言います。「あんな奴、知るものか、死んでしまえばいいのだ」と呪ったことが想像できます。
 ルオーの描いた「呪われた王」という絵があります。通常王とは人から祝福されるべき存在ですが、金冠ではなく荊冠をかぶり、十字架という木にかけられ、律法を全うすることのできない者の代わりに、自らが呪われた存在となりました。それによって異邦人の私たちにも大きな祝福がもたらされたのです。


降誕前第8主日礼拝説教要旨 (2020.11. 1)     
         『栄光は主にあれ』
      
ローマの信徒への手紙3:21〜31    入 治彦
 昨日の10月31日は、世間ではハロウィンでありましたが、プロテスタント教会では宗教改革記念日として定めてまいりました。今日の週報の窓には、この日マルチン・ルターが95ヶ条の提題を発表したとされているため、クラナッハの描いたルターの肖像画を掲載していただきました。また、本日はその宗教改革にふさわしい箇所に沿ってお話しさせていただきます。
 さて、ローマ書3:21以下は、長く暗い人間の罪のトンネルを抜けて、罪から救いへの一大転換が起こったように見えるところです。これまでユダヤ人は、律法を守ることによって、神の救いにあずかろうとしてきたけれども、律法をもっていることに安住し、異邦人を見下してきました。ところが今や、キリストによって新しい時代が始まり、あちら側から一方的な恵みが与えられた、と伝えています。
 ルターは、パウロのこの教えを大変尊んだ人でした。彼は、16世紀バチカンにあるサン・ピエトロ大聖堂の修築費を募るために特別に発行された免罪符、免償状に対して、救いはお札を買うという行為ではなく、ただ神の恵みを受け取る信仰によって与えられると説いていきました。このような信仰義認の教えは、ルターがこのローマ書注解を書いていったところから来ていると言われています。
 それでは「イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義です」という時の「義」とは何でしょうか。義とは、本来裁判官が被告に無罪を言い渡す時の法律用語です。そしてそれは、神の前に出頭すれば誰でも罪ある者とされたのに、神が大いなる憐れみをもって、罪ある者を罪なき者とされたことを示しています。これはユダヤ流に言えば、全く不正な裁判であり、神ご自身の危機を意味していました。
 にもかかわらず、神はこのような不正を冒してまで、罪ある欠けた器の人間をゆるそうとされたのです。その代わりに、神自ら愛する独り子をいけにえとして世に送り、十字架につけなければなりませんでした。そのようにイエスをあがないの供え物としてささげささげることによって、帳尻を合わせたのです。
 では「あがない」とは何でしょうか。これはもともと奴隷を身代金を支払って買い取ることです。神は私たち一人一人を罪の奴隷から救い出すためにキリストという身代金銀貨30枚(当時の奴隷一人の値段)を支払うことによって帳尻を合わせたのです。
 けれども、その出来事をないがしろにし、踏みにじっているのが、私たちの現実でありましょう。私たちがそれに答えるのは、その圧倒的な一方的な恵みをただ受け取ることです。神はキリストご自身に火の粉をかぶらせながら、私たち一人一人をかけがえない子だと認知してくださる、その尊い事実をそのまま受け取ること、それが信仰です。